「経営層に面白がってもらう話し方」はこれだ IT予算を賢く獲得しようIT予算確保のための「5つのステップ」【後編】

IT部門の責任者が抱える問題の一つが予算確保だ。取締役会で経営層に対して予算の話をする機会を得た場合、どのような展開で話をすることが大切なのか。

2023年07月21日 05時15分 公開
[Bev White, Sam WilsonTechTarget]

関連キーワード

CEO | CIO | IT部門 | IT投資


 社内でIT向けの予算を獲得するために、IT分野に関わる責任者は何に取り組めばよいのか。ITコンサルティング企業Nash Squared2022年に公開した年次報告書「Nash Squared Digital Leadership Report 2022」を基に考えてみよう。

 同報告書は2022年7月〜10月、82カ国1785人のIT分野の責任者を対象に実施した結果に基づいている。最高情報責任者(CIO)や最高技術責任者(CTO)、最高デジタル責任者(CDO)といった責任者が取り組むべき事項をまとめたものだ。前編と中編は、IT分野の責任者がIT予算確保のために取り組むべき「5つの事項」のうち、4つを紹介した。後編は、もう一つ重要なポイントを掘り下げる。

5.新たな製品やサービスを導入することで生まれるプラス面を強調する

 人間は、否定的な考えや不安よりも、建設的な考えに行動を促されるものだ。取締役もその例外ではない。取締役会が盛り上がるのは、

  • 野心
  • 成長戦略
  • 新たなイノベーション

といった前向きな話題だ。ITへの投資がもたらす肯定的な側面を強調することで、取締役の関心を得られる可能性は高くなるはずだ。

 肯定的な側面とは何か。例えば以下のような点だ。

  • 新たなITの製品やサービスを導入することで、顧客満足度を強化できるようになること
  • 生産性や利益率が高まること
  • 経営効率を向上できるようになること

 その他、法制度の順守の強化や、サイバー脅威への対策に役立つといった話題提供も有効だ。これらの話題を出すタイミングは、冒頭部分ではなく、肯定的な側面と絡める形で差し込む方が、効果が高まる傾向にある。

 ITは今や至るところに存在しており、その発展を止めることはできない。重要なことは、戦略的な最優先事項を絞り込み、IT製品やサービスを使って成果と利益を生み出せるかどうかだ。この問いに答えることで、取締役は意見に耳を傾け、味方になってくれる可能性がある。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...

news132.jpg

「Apple炎上」から何を学ぶか?(無料eBook)
Appleが新しい「iPad Pro」の広告用に公開した「Crush!」が世界中で大炎上したのは記憶に...

news105.jpg

Web担当者を悩ませる「フォーム営業」をブロック 「ヘルプドッグフォーム」に新機能
ノーコードのフォーム作成管理システム「ヘルプドッグフォーム」が「フォーム営業ブロッ...