アジア太平洋のCIOが考える「懸念」と「重点分野」は? IDCが調査APACのCIOが重視するIT分野【第1回】

調査会社IDCがアジア太平洋地域(APAC)のCIOとIT意思決定者を対象に、IT分野の優先順位に関する調査を実施。APACで懸念点や関心事になっていることとは。

2023年03月29日 05時00分 公開
[Stephen WithersTechTarget]

関連キーワード

AMD | CIO | IT部門 | IT投資 | セキュリティ対策


 調査会社IDCが、APAC(アジア太平洋地域)で従業員500人以上の企業のCIO(最高情報責任者)とIT意思決定者906人を対象に、IT分野の動向に関する調査を実施。「CIO Technology Playbook 2023」と題するレポートを2023年2月に公開した。IDCは、PCベンダーLenovoと半導体ベンダーAdvanced Micro Devices(AMD)からの委託で調査を実施した。APACではIT分野で何が懸念点や関心事になっているのか。

ANZのCIOは何に注目しているのか

 全回答者のうち、オーストラリアとニュージーランド(ANZ)の回答者は合計で131人だった。ANZの回答者が挙げた社会的・経済的懸念事項のトップ3は、「インフレ」「人的資本の不足」「エネルギー価格の高騰」だった。

 APAC全体で見ると、ビジネスにおける優先事項では「収益と利益の成長」が1位になり、「顧客体験と満足度の向上」「コスト最適化とコスト削減」が続いた。レポートは、顧客体験の向上が、「新規顧客の獲得だけでなく、既存顧客とのビジネスを拡大するためにも重要」という点を指摘している。

 ビジネス目標の達成における「デジタルインフラ」(ITに関するシステムやツール、技術の全般)の重要性については、ANZの回答者の99%が「重要である」と回答。優先的に投資すべき重要分野として、62%が「サイバーレジリエンス(サイバー攻撃からの回復力)の強化」を挙げた。

 AMDでAPACおよび日本担当マネージングディレクターを務めるピーター・チェンバース氏によると、回答からは堅牢(けんろう)なデジタルインフラへの需要を見て取れるという。回答者がデジタルインフラに対して特に必要としているのは、コスト効率に優れ、コストの抑制を実現できる特性だとチェンバース氏は指摘する。


 第2回は、IDCの調査が明らかにした2023年のパブリッククラウド(リソース共有型のクラウドサービス)利用の動向について紹介する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news002.jpg

ロシアのbotファームがXを標的に虚偽情報を拡散 どうしてこうなった?
ロシアによる生成AIとソーシャルメディアを使った世論操作が活発化している。標的とされ...

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...