Intelが共同創業者の故ムーア氏から受け継いだものとは?Intel創業者ムーア氏の半生【後編】

Intel創業者の一人であるゴードン・ムーア氏は、自身もCEOを務め、Intelおよび半導体産業の成長に寄与した。Intelには今もムーア氏の考えが根付いているという。

2023年07月21日 05時15分 公開
[Joe O’HalloranTechTarget]

関連キーワード

CEO | Intel(インテル) | CPU | GPU


 半導体集積回路の集積密度の成長速度を予測する「ムーアの法則」を提唱したゴードン・ムーア氏が、2023年3月24日(米国現地時間、以下同じ)に亡くなった。

 ムーア氏がIntelを創業したのは1968年のことだ。当時、半導体メーカーのFairchild Semiconductor International(フェアチャイルドセミコンダクター)に勤めていたムーア氏と同僚のロバート・ノイス氏は独立を決断し、アンドリュー・グローブ氏を3人目の社員として迎えて事業を開始した。ムーア氏は1975年に2代目のCEOに就任し、1987年までCEOとしてIntelを率いた。

今のIntelはムーア氏の何を受け継いでいるのか?

 2023年7月時点でIntelのCEOを務めるパット・ゲルシンガー氏は語る。「ムーア氏は、その洞察力と先見の明によってテクノロジー業界を導いてきた。トランジスタの研究に力を注ぎ、数十年にわたって技術者や起業家に影響を与えてきた」

 ゲルシンガー氏によれば、Intelはこれからもムーアの法則を追求するつもりだ。「ムーア氏のビジョンは、当社の重要な目標として生き続け、テクノロジーの力を使って全ての人の生活を向上することに生かされる」(ゲルシンガー氏)

 ムーア氏は、1990年に当時の米大統領だったジョージ・H・W・ブッシュ氏から「アメリカ国家技術賞」を授与され、2002年には当時の米大統領だったジョージ・W・ブッシュ氏から米国市民最高の栄誉である「大統領自由勲章」を授与されている。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...

news028.jpg

インターネット広告の新しいKPIと「アテンション」の再定義
最終回となる今回は、ターゲットに届いた広告の効果を正しく測定するための指標として「...

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...