捏造動画「ディープフェイク」を顔の“あれ”で見破るIntel「FakeCatcher」とはIntel「ディープフェイク」対抗策の真価【前編】

AI技術で生まれた偽の動画「ディープフェイク」を、AI技術で見破る――。それを実現するツールがIntelの「FakeCatcher」だ。どのような仕組みなのか。

2022年12月12日 10時00分 公開
[Esther AjaoTechTarget]

 半導体ベンダーのIntelが「ディープフェイク」対策に注力している。ディープフェイクは、深層学習(ディープラーニング)技術を利用した偽(フェイク)の動画や音声だ。同社は2022年11月14日(米国時間)、人工知能(AI)技術の安全で良質な利用を目指したプロジェクト「Responsible AI」(責任あるAI)の一環として、ディープフェイクの検出ツール「FakeCatcher」を発表した。どのようなツールなのか。

顔の「ある要素」を分析 ディープフェイクをどう見破るのか

 ディープフェイクはAI技術を使い、実在する人物になりすます。攻撃者はディープフェイクを用いて、標的に対して不正送金させたり、機密情報を盗んだりする。ディープフェイクは、AI技術の進化と普及とともに実施しやすくなっている。IntelはFakeCatcherを武器に、企業のディープフェイク対策の強化につなげる狙いだ。

 「FakeCatcherの目玉は、顔の血流を分析することだ」と、調査会社Gartnerのアナリスト、ダリン・ステュワート氏は言う。FakeCatcherはディープラーニング技術を利用し、画面に映った顔の血流を分析して、動画の真偽を判定する。

 FakeCatcherは、Intelが無償で提供しているアプリケーション開発用ツールキット「OpenVINO」を使っている。OpenVINOはディープラーニング技術を利用し、画面に映った顔の血流をきめ細かく分析した上で、瞬時に動画の真偽を判定するという。

 調査会社Forrester Researchのアナリスト、ローワン・カーラン氏によると、ベンダーは動画や音声、文章の解析技術を駆使して、ディープフェイク検出ツールの開発に取り組んでいる。攻撃者も技術力を磨いており「今後は検出する側と攻撃する側の『駆け引き』が続く」とカーラン氏はみる。

 IntelはFakeCatcherについて、ディープフェイクを高精度で検出できると説明している。実際の「対抗力」がどのくらいあるのかは、未知数だ。


 後編はFakeCatcherの実効性に対する、ステュワート氏の見解を紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...