DXを推進する上司に求められるソフトスキル3選、「共感力」の他は?DX推進の鍵となる上司のソフトスキル【前編】

DXを推進するチームメンバーをまとめ、チームメンバーが活躍できる環境を作るために、リーダーにはどのような能力が求められるのか。ITコンサルティング企業のプレジデントに聞いた。

2023年12月05日 08時00分 公開
[Guilliean PachecoTechTarget]

関連キーワード

コミュニケーション | 人事


 デジタルトランスフォーメーション(DX)を統率するリーダーが身に付けるべきソフトスキル(共感力や謙虚さ、マインドフルネスなどの非定型スキル)は何か。ITコンサルティング企業StarCIOのプレジデントであるアイザック・サコリック氏は、自著『Digital Trailblazer: Essential Lessons to Jumpstart Transformation and Accelerate Your Technology Leadership』で3つのキーワードを挙げている。小規模な変更を短期間のうちに繰り返す「アジャイル」な考え方、「試行錯誤」を許容する力、「共感力」だ。

なぜフィードバックが欠かせないのか

―― DXをアジャイルに進める上で、IT部門のリーダーが取り組むべきことは何ですか。

サコリック氏 まずは、DXを一緒に進める従業員や、DXプロジェクトの予算を動かす部門長が、DXの目的を理解できているかどうかを確認することだ。

 ソフトウェア開発の視点でDXを考えることも大切なポイントだ。できるだけ早くDXの取り組みに着手し、成果物を提出し、フィードバックを得るというサイクルを繰り返す。フィードバックに基づいて、取り組みの優先順位や投資金額の妥当性、実装の仕方などを再検討した方がいいのかどうかを見直し、課題に気付くことができる。フィードバックがあれば以下の確認もできる。

  • DXの取り組みが正しい方向に進んでいるかどうか
  • DXのビジョンを変える必要があるかどうか
  • 優先順位や要件を変更する必要があるかどうか

 フィードバックを通じて気付いた課題は、アクションを「スプリント」(設計から改善までの一連のサイクルを実施する短い期間)に落とし込み、チームで共有する。今期のスプリントで得たフィードバックを次のスプリントに生かして、新たなタスクをチームメンバーと検討するためだ。スプリントが終了したら振り返りを実施し、次のスプリントの目標を再調整し、軌道修正に取り組むことを繰り返す。

 大切なのは、DXのあらゆるレベルでアジャイルに行動することだ。


 後編は、DXのリーダーに求められるソフトスキルのうち「試行錯誤」を許容する力、「共感力」について紹介する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...