2019年01月22日 08時00分 公開
特集/連載

IT管理者の仕事が楽しくなる失業したくないなら身に付けるべきIT管理者の新スキル

多くの企業がRPA(ロボティックプロセスオートメーション)に象徴される自動化を取り入れようとしている。IT管理者が失業を回避するためには、自動化を先取りする必要がある。どうすればいいのか。

[Stuart Burns,Computer Weekly]

 ギリシャの哲学者ヘラクレイトス(訳注)の格言に「人生で唯一不変のもの、それは変わることだ」がある。この格言は間違いなくIT管理者の人生にも当てはまる。IT管理者は、現在監視しているIT環境の管理要件と、絶え間なく変わるテクノロジーの展望に後れを取ってはならないという要件との間でバランスを取っている。

訳注:紀元前540年ごろ〜紀元前480年ごろの人物。「万物は流転する」が有名だが、本人の著作(の現存部分)にこの言葉はない。

Computer Weekly日本語版 1月9日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 1月9日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 テクノロジーの展望が絶えず変わるとしたら、専門家として先を見越してそのような変化に備えるのは難しい。では、管理者の将来の役割とはどのようなものだろう。専門家として時流に後れを取らないようにするには何を知っておけばよいだろう。

 まず大きな変化が起きていることを理解することが重要だ。変化するのは、プライベートクラウドやパブリッククラウドなど、テクノロジーの種類だけはない。そうしたテクノロジーを管理/利用する方法も変わる。

 「ポイントしてクリックする」グラフィカルユーザーインタフェース(GUI)を使用してシステム管理作業を実行する時代は終わりが近づいている。こうした手法でITインフラスタックを操作するのは時代遅れだと考えられるようになっている。

革新に向けた自動化

 少し大げさだが、「同じことを2回手作業で行うのなら、そのやり方は間違っている」といわれる。多くのMicrosoftアプリケーションのセットアッププロセス全体を「Windows PowerShell」スクリプトにエクスポートして、ほぼ全てのプロセスの繰り返しを簡略化するオプションが登場したことで、こうした考え方が強まった。

 これは大きな流れの一端にすぎない。

続きはComputer Weekly日本語版 1月9日号にて

本記事は抄訳版です。全文は、以下でダウンロード(無料)できます。


Computer Weekly日本語版 最近のバックナンバー

Computer Weekly日本語版 12月19日号 犯罪者フォーラム潜入記

Computer Weekly日本語版 12月5日号 Chromebook大好き

Computer Weekly日本語版 11月21日号 G Suite対Office 365攻防戦の行方


ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...