2019年01月15日 08時00分 公開
特集/連載

AWSのネットワークはAzureやGCPより高リスク? 監視企業がレポート異なる設計思想

ThousandEyesが発表したレポートによるとAWSのネットワーク処理はAzureやGoogle Cloud Platformと大きく異なり、パフォーマンスの問題が発生する可能性があるという。AWSは何が違うのか。

[Caroline Donnelly,Computer Weekly]

 Amazonのパブリッククラウドは、ネットワークトラフィックの処理にパブリックインターネットを使用している。そのためユーザーがパフォーマンス問題に遭遇するリスクが高まる恐れがある。これはネットワーク監視企業ThousandEyesのレポートに掲載された主張だ。

 同社はAmazon、Google、Microsoftのパブリッククラウドがトラフィックを処理する方法を分析し、「Public Cloud Performance Benchmark Report」というレポートを発表した。

 このレポートによると、Amazonの設定はネットワークパスに沿って通過するトラフィックがパブリックインターネットに露出する程度がGoogleやMicrosoftのそれとは大きく異なるという。

 「『Amazon Web Services』(AWS)のネットワーク設計は、ターゲットの地域に最も近いAWSバックボーンに入るときだけ強制的にパブリックインターネットを経由させられる。これは、『Microsoft Azure』と『Google Cloud Platform』(GCP)のネットワーク設計方法とは全く対照的だ」というのが同レポートの主張だ。

 「GoogleとMicrosoftの場合、ユーザーからのトラフィックは地理的な場所とは関係なく、ユーザーの近くにある社内バックボーンネットワークに取り込まれる。2地点間のトラフィック移動にインターネットはほぼ利用されない」

 レポートは、企業のIT部門が利用を検討する場合、この違いを把握することが重要だと続けている。それは、クラウドプロバイダーのネットワークがパブリックインターネットを利用する度合いが多くなるほど、技術的な問題が生じるリスクが高くなるためだ。

 「パブリッククラウドにサービスを構築している場合、クラウド接続のアーキテクチャがエンドユーザーのエクスペリエンスに直接影響を及ぼす恐れがある。AWSの方法ではインターネットへの依存度が高く、パフォーマンスの予測が難しくなる。加えて運用上の課題やリスクが高まる恐れがある」

 英Computer Weeklyはこのレポートに対する見解をAWSに求めた。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。

news022.jpg

「サイト内検索」ツール(有償版) 国内売れ筋TOP10(2021年7月)
サイト内検索(サイトサーチ)ツールは検索窓から自社サイト内のコンテンツを正確に、効...

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...