Storjによるクラウドストレージの「Uber化」は成功するのか余っているストレージ容量を共有

使っていないもの、余っているものを共有し、対価を得る。これをストレージに適用するとどうなるのか。Storjの挑戦は成功するのか。成功の条件とは何か。

2019年01月11日 08時00分 公開
[Antony AdsheadComputer Weekly]

 クラウドストレージは、一見すると「余剰容量」「共有経済」のビジネスモデルに理想的な候補だ。つまり「Uber化」の理想的な候補になる。Uber化とは、車や家など、余っているものを使いたい人に安価で提供するアプリやサービスが増えていることを指す。

 分散型ストレージの草分け企業Storj Labsは、ストレージのAirbnbになろうとしている。同社は独自の環境でテストを実施したい潜在顧客向けにサービスを提供する。同サービスはバージョン3でパブリックα段階に入っている。

 Storjが3000万ドル(約34億円)以上を投資して2019年1月の公開を目指しているのは、サードパーティープロバイダーを必要としないストレージを「従来のデータセンターに匹敵するSLA」で提供することだ。

 ターゲットとするのは、長期アーカイブと「Amazon S3」互換のオブジェクトストレージを使用する顧客だ。

 Storjは、あまり利用していない余剰ストレージ容量を他のユーザーに提供できるようにする。データは暗号化され、共有され、余剰容量の使用を許可しているユーザー(「ファーマー」と呼ぶ)に分散される。各ファーマーはファイルの小さな断片のみを暗号形式で保持する。

 利用者は、Storjトークンでストレージに対して使用料を払う。ファーマーはその分け前を得る。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news136.png

ジェンダーレス消費の実態 男性向けメイクアップ需要が伸長
男性の間で美容に関する意識が高まりを見せています。カタリナ マーケティング ジャパン...

news098.jpg

イーロン・マスク氏がユーザーに問いかけた「Vine復活」は良いアイデアか?
イーロン・マスク氏は自身のXアカウントで、ショート動画サービス「Vine」を復活させるべ...

news048.jpg

ドコモとサイバーエージェントの共同出資会社がCookie非依存のターゲティング広告配信手法を開発
Prism Partnerは、NTTドコモが提供するファーストパーティデータの活用により、ドコモオ...