「Android」「iOS」との比較は無意味? Huawei新OS「HarmonyOS」の本当の狙い米国の制裁を受けて登場

Huawei製スマートフォンで「Android」が使用できなくなったことを受け、Huaweiは新しいOS「HarmonyOS」を開発した。HarmonyOSの特徴とは。スマートフォン市場で普及するのか。

2021年08月16日 05時00分 公開
[Maxim TamarovTechTarget]

 Huawei Technologiesが独自に開発したOS「HarmonyOS」は、Googleの「Android」とAppleの「iOS」の独占状態が続くスマートフォン向けOS市場の中で、シェアの獲得に苦戦する――。アナリストはこう予想する。

 HarmonyOSが登場した背景には、米国が2019年に起こしたHuaweiに対する制裁がある。制裁によってHuaweiは、Androidの新機能やセキュリティアップデートが利用できなくなった。Huawei製スマートフォンのユーザーがGoogleのアプリケーションストア「Google Play」で人気アプリケーションをダウンロードすることもできなくなった。

 MicrosoftやSamsung Electronicsが敗北したスマートフォン市場でHuaweiが成功することについて、アナリストは懐疑的だ。MicrosoftのスマートフォンOS「Windows Phone」もSamsungのスマートフォンOS「Tizen」も、AndroidやiOSから市場シェアを奪うことはできなかった。調査会社Gartnerのアナリスト、ツオン・グエン氏はHarmonyOSについて「それほどの成功を収められない」と予想する。

打倒Android、iOSではない HarmonyOSの“本当の狙い”

ITmedia マーケティング新着記事

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...