2018年11月11日 05時00分 公開
特集/連載

覇権争いが激化AIを巡る国家戦略 米中、そして日本の動向は?

AIの研究開発は現在、米国と中国が主導する状況だが、世界中の国家が競争力を維持しようと戦略を練っている。

[Kathleen Walch,TechTarget]

関連キーワード

IT戦略 | 機械学習


AI活用は世界中で進む《クリックで拡大》

 先進国のほとんどが今、働き方や社会・経済運営の変革を目指してAI戦略の策定を進めている。だが、機械学習は70年ほど前から存在していたにもかかわらず、なぜ今になって、国家がAI戦略の策定に乗り出したのか。そしてなぜ、どの国もまだ、AI産業で独占的な地位を確立するに至っていないのか。

現在のAIは米中が主導

ITmedia マーケティング新着記事

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...

news155.jpg

マーケティング4.0における新効果指標「PAR(購買行動率)」と「BAR(ブランド推奨率)」について
「マーケティング4.0」時代のカスタマージャーニー「5A」の文脈ではマーケティングの生産...