2018年10月19日 05時00分 公開
特集/連載

人工知能(AI)の不公平な判断を指摘するツール IBMが提供開始AIシステムのブラックボックス化を解消

日本IBMが企業のAI技術活用を支援するためのサービス/ツール群の提供を開始した。中でも注目のツールは、AIエンジンが使った判断材料を分析し、検証する「Trust and Transparency capabilities」だ。

[上田 奈々絵,TechTargetジャパン]

写真 IBM 吉崎氏

 日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は2018年10月4日、企業での人工知能(AI)技術活用を推進するためのサービス/ツール群「IBM Services AI Enterprise Knowledge Foundation」を提供開始した。AI技術活用の戦略策定や導入支援、人材育成といったサービスと、AI技術の運用管理をするためのツール群で構成する。目玉は同年9月20日から先行して提供しているツール「Trust and Transparency capabilities」だ。

AIシステムの判断材料を分析

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...