2018年10月19日 05時00分 公開
特集/連載

人工知能(AI)の不公平な判断を指摘するツール IBMが提供開始AIシステムのブラックボックス化を解消

日本IBMが企業のAI技術活用を支援するためのサービス/ツール群の提供を開始した。中でも注目のツールは、AIエンジンが使った判断材料を分析し、検証する「Trust and Transparency capabilities」だ。

[上田 奈々絵,TechTargetジャパン]

写真 IBM 吉崎氏

 日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は2018年10月4日、企業での人工知能(AI)技術活用を推進するためのサービス/ツール群「IBM Services AI Enterprise Knowledge Foundation」を提供開始した。AI技術活用の戦略策定や導入支援、人材育成といったサービスと、AI技術の運用管理をするためのツール群で構成する。目玉は同年9月20日から先行して提供しているツール「Trust and Transparency capabilities」だ。

AIシステムの判断材料を分析

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

日本のスマホ決済アプリのインストール数は75%成長 バンキングアプリ利用も急増――Adjust調査
2020年上半期は特に日本において、新型コロナの影響でファイナンスアプリの利用が活発化...

news048.jpg

ニューノーマル初の年末商戦 成功の鍵は「送料無料」と「低価格」、そして……――Criteo予測
コロナ禍の収束が見通せないながらも、人々の消費は少しずつ動き出しています。ホリデー...

news177.jpg

広告業界の倒産、4年連続増加の可能性も――帝国データバンク調査
広告関連業者の倒産動向調査(2020年1〜9月)の結果です。年末に向け、新型コロナウイル...