2021年08月16日 05時00分 公開
特集/連載

GoogleやMicrosoftは「ゼロトラストセキュリティ」をどのように実現するのかテレワークで変わる企業のセキュリティ【第5回】

テレワーカーが安全に社内LANに接続するためのセキュリティ対策といえば、従来はVPNが主だった。それに代わる手段を、さまざまなベンダーが打ち出し始めている。どのようなサービスがあるのか。

[Arielle Waldman,TechTarget]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として普及したテレワークは、企業が従来のセキュリティ体制を見直すきっかけを生んだ。社内外に点在する従業員を保護する仕組みとして、ベンダーとユーザー企業の双方が注目しているセキュリティアーキテクチャが「ゼロトラストセキュリティ」だ。ゼロトラストセキュリティは、デバイスの状態に基づいてデバイスやエンドユーザーに適切なアクセス権限を与える。

ベンダーのゼロトラストセキュリティへの取り組み

 Googleは、米国でパンデミックが発生する前の2020年1月に、「BeyondCorp Enterprise」を提供開始した。BeyondCorp Enterpriseは、ゼロトラストセキュリティに基づくネットワーク(ZTN:ゼロトラストネットワーク)の商用サービスだ。同社でGoogle Cloud Security部門の製品管理担当シニアディレクターを務めるアーモル・キャベ氏によると、BeyondCorp Enterpriseへの反響は「驚異的」だという。

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。

news162.jpg

テレビと広告とTwitterと人間の脳の関係について、いま分かっていること(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news029.jpg

P&Gが「ショッパー」のニーズを満たすために全社横断でやっていること
「LINE BIZ DAY BREAKOUT BRAND&DIRECT」で発表された事例の中から、P&Gが実施したデジタ...