2021年08月16日 05時00分 公開
特集/連載

GoogleやMicrosoftは「ゼロトラストセキュリティ」をどのように実現するのかテレワークで変わる企業のセキュリティ【第5回】

テレワーカーが安全に社内LANに接続するためのセキュリティ対策といえば、従来はVPNが主だった。それに代わる手段を、さまざまなベンダーが打ち出し始めている。どのようなサービスがあるのか。

[Arielle Waldman,TechTarget]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として普及したテレワークは、企業が従来のセキュリティ体制を見直すきっかけを生んだ。社内外に点在する従業員を保護する仕組みとして、ベンダーとユーザー企業の双方が注目しているセキュリティアーキテクチャが「ゼロトラストセキュリティ」だ。ゼロトラストセキュリティは、デバイスの状態に基づいてデバイスやエンドユーザーに適切なアクセス権限を与える。

ベンダーのゼロトラストセキュリティへの取り組み

 Googleは、米国でパンデミックが発生する前の2020年1月に、「BeyondCorp Enterprise」を提供開始した。BeyondCorp Enterpriseは、ゼロトラストセキュリティに基づくネットワーク(ZTN:ゼロトラストネットワーク)の商用サービスだ。同社でGoogle Cloud Security部門の製品管理担当シニアディレクターを務めるアーモル・キャベ氏によると、BeyondCorp Enterpriseへの反響は「驚異的」だという。

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...