2020年10月16日 08時00分 公開
特集/連載

開発者が知っておくべきブロックチェーン間通信IBCによる相互接続

特定のタスクに専門化した異なるブロックチェーンを相互運用することによるメリットは計り知れない。それを実現するIBCは開発者の必須知識となるだろう。

[Christopher Goes,Computer Weekly]
iStock.com/phive2015

 技術は急速に進化しているのに国際決済のシステムは大きく遅れている。「Amazonフレッシュ」で注文したオーガニックビートルートが一夜のうちに届けられる時代に、権力の政治的な気まぐれに支配される時代錯誤な貨幣制度のネットワーク効果にいまだ縛られている。

 そしてインターネットのプロトコルは、情報交換と同じように金銭やデジタル資産をやりとりするようには設計されていない。

オープンで自己主導型かつセキュリティが確保されるIBC

 ここで登場するのがInter-Blockchain Communication(IBC)だ。IBCは、複数のブロックチェーンを相互に接続するネットワーク、つまり「ブロックチェーンのインターネット」実現を目的に設計された、オープンで自己主導型かつセキュリティが確保されるプロトコルだ。

 IBCは分散型チェーンの未来の接続基盤で、その全体構造を据える基礎になる。IBCはブロックチェーン間のメッセージの送受信を可能にする。これはPCがTCP/IPで相互にメッセージを送受信するのと同じだ。IBCは合意アルゴリズム、ステートマシン、設計哲学が異なるブロックチェーン同士の相互運用を容易にする。IBCはブロックチェーンに依存しないため、ホストも制御も1つのプロジェクトで行う必要はない。

 IBCをサポートする全ての分散台帳は、IBCをサポートする他の台帳とのハンドシェイクを許可なく開始することができる。このハンドシェイクが完了すると、2つの台帳間に通信チャネルが開く。その後、任意のデータを含むIBCパケットは台帳間で相互にデータの交換を開始できる。このプロトコルが広く導入されると、IBCパケットが有機的に急拡大してブロックチェーンのインターネットの概念が現実になる可能性がある。

ブロックチェーンのインターネット

 現状、世界中には異なる機能を実行するさまざまなブロックチェーンが多数存在する。通貨を提供するBitcoin、ローカライズしたアプリケーションプラットフォームを提供するEthereum、効率が良い軽量クライアント検証を提供するCodaなどだ。これらのブロックチェーンはそれぞれ異なるタスクに特化しており、現時点では相互に独立している。

 1つのブロックチェーンで一度にあらゆることを実行するのではなく、それぞれのブロックチェーンが特定の機能を専門的に実行できるため、ブロックチェーンの専門化にはメリットがある。ただしブロックチェーン間でコミュニケーションが行われないため、相乗効果やシームレスなユーザーエクスペリエンスは失われる。ブロックチェーンを相互運用できれば、欠点を生じさせずに専門化のメリットを得ることができる。BitcoinをEthereumに送信し、スマートコントラクトでBitcoinを使うことができる。またその逆も可能だ。全く独立して設計された2つのソフトウェアを相互に接続し、導入できるようになる。独自の相互運用システムや相互運用ブリッジを構築するために数千時間のコーディングを行う必要はない。

 IBCの次期リリースについて、開発者は次の点を知っておく必要がある。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
ください(PDFをダウンロードします)。






ITmedia マーケティング新着記事

news059.jpg

世界のCMOの62%が今後1年間マーケティング予算は削減か横ばいと回答――電通インターナショナル調査
電通インターナショナルが世界規模で実施した「CMO調査2020」の結果です。

news017.jpg

HubSpotとWeWork 世界の成長企業が新しい日常で実践するスマートな働き方
ニューノーマル時代に企業が成長し続けるためのヒント。

news022.jpg

中国向けマーケティング インバウンド“蒸発”をどう乗り越える?(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...