2018年07月10日 08時00分 公開
特集/連載

ブロックチェーンに欠けているもの急いでブロックチェーンを導入した企業は失敗する

決済サービスを提供するWorldpayのスコット=タガート氏は、金融サービス業界におけるブロックチェーンの価値に否定的な見解を持っている。ブロックチェーンには何が足りないのか。

[Zach Emmanuel,Computer Weekly]

 決済サービスを提供するWorldpayの技術運用部門を率いるジェイソン・スコット=タガート氏は、ServiceNow主催のカンファレンス『Knowledge18』でWorldpayのIT部門によるDevOps導入への取り組みを説明した。同社は、イノベーションの促進、顧客満足度の向上、サービスの構築効率向上を目的にDevOpsを導入するという。

Computer Weekly日本語版 7月4日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 7月4日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 同社のIT部門は、バイモーダルITモデルを採用し、同部門が顧客サポートの問題ではなく、新しいソフトウェアの構築と導入に注力できるようにすることで、ソフトウェアのウオーターフォール開発とアジャイル開発の両立を図っている。

 そのため、Worldpayは2017年にServiceNowとパートナー提携し、同社の技術を利用してDevOpsの適用を拡大しようとしている。

 同社は、2019年第1四半期に予定されているITサービス管理SaaS「ServiceNow」の「Madridリリース」にも注目している(訳注)。このバージョンでは、アプリケーションのコーディングやテストのサポートが可能になり、業務運用の概要を提供する拡張機能も幾つか統合される予定だ。

訳注:ServiceNowは都市名をリリース名にしている。都市名は頭文字がABC順になっており、Madridリリースは13番目ということになる。

 「DevOpsツールとのインタフェースの追加を歓迎している。ServiceNowが当社とIT部門の航空管制室になることを期待している」(スコット=タガート氏)

 「行った全ての変更や実装はServiceNowを通す必要がある。『GitHub』『Jira Software』『Chef』『Puppet』『Jenkins』を利用すれば、社内で行われている全ての変更をダッシュボードで確認できる優れたチャンスが提供される」

 同氏によれば、これによってIT部門の各チームが行っている作業を会社が適切に把握できるようになるという。

 「DevOpsツールは、IT部門の業務のうち、プロジェクト管理とプログラム管理に大きな効果がある」(スコット=タガート氏)

 「Madridリリースは大きな価値を追加し、社内の運用面だけでなく開発面にも価値をもたらす。ITサービス管理はITの運用を重視する慣例があるが、Madridリリースは『Dev(開発)』と『Ops(運用)』をツール内にひとまとめにしている」

 DevOpsプロジェクトに対する全体的な反応は、スタッフにも顧客にも好意的に受け取られていると同氏は話す。

ブロックチェーンに欠けているもの

ITmedia マーケティング新着記事

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...

news089.jpg

「平成ジャンプ世代」の男女共に約8割は結婚意向あり――Pairsエンゲージ パーソナル婚活研究所調べ
「平成ジャンプ世代」とは、未婚のまま平成の30年間を飛び越えて令和を迎えた昭和生まれ...

news046.jpg

F1層(20〜34歳女性)に聞く「タピオカドリンクを飲む理由」――ミュゼマーケティング調べ
タピオカドリンクを購入する理由などを、20〜34歳女性1764人にリサーチしています。