2020年03月09日 08時00分 公開
特集/連載

プロセッサの勢力図再検討【後編】EPYCで復活したAMD、魅力を増すIBMのPOWER

Intelよりも低コストを実現したEPYC。魅力的なアーキテクチャで存在感を示すPOWER。AMDとIBMの動向とともに、CPUを取り巻く市場の変化を解説する。

[Daniel Robinson,Computer Weekly]

 前編(Computer Weekly日本語版 2月19日号掲載)では、IntelとArmの概要を紹介した。

 後編では、AMDとIBMの概要とCPUメーカーが影響を受けるサーバを巡る市場の変化を解説する。

AMDはEPYCで再起

iStock.com/scanrail

 AMDは「EPYC」で再起を図っている。2019年8月にリリースされた第2世代EPYC(コードネーム:Rome)は、1ソケット当たり最大64基のCPUコアと8つのメモリチャネルを備える。浮動小数点演算ユニットの拡張、分岐予測器の強化、命令プリフェッチの改善など、コア自体も強化されている。こうした強化全てによって第1世代EPYCよりも1クロック当たりの命令数が29%向上するとされている。

 今後に目を向けると、AMDは2020年に第3世代EPYC(コードネーム:Milan)をリリースし、CPUコアのさらなる調整を予定している。2021年には第4世代EPYC(コードネーム:Genoa)をリリースする予定だ。Genoaについて現時点ではほとんど知られていないが、5ナノメートルプロセスで製造され、DDR5をサポートする可能性がある。

 第2世代EPYCが成功したことで、AMDはパートナーや顧客の信頼を得たようだ。Dell EMC、HPE、Lenovoなどの大手サプライヤーがEPYCをサポートするシステムをリリースしている。AMDのチップがXeonと同等の性能をXeonよりも低価格で提供していることも役立っている。

ユーザーに力を与えるPOWER

 IBMは「Power Systems」で独自の路線を進んでいる。このシステムは要求の厳しい企業ワークロードをターゲットとし、「Linux」やその他のオープンソースツールに重点を置いている。最新の「POWER9」プロセッサは、Intelのチップよりも高いコストパフォーマンスを実現するよう設計されている。それぞれが4個または8個のスレッドに対応可能なコアを最大24基搭載し、理論上は最大8TBのメモリに対応可能だ。

 POWER9はPCIe 4.0をサポートする初のチップで、アクセラレーターに高速に接続できる。またNVIDIAの「NVLink 2.0」プロトコルに対応するBluelinkポートを搭載しており、PCIe 4.0よりも高速にGPUアクセラレーターへの接続を可能にする。

 ロードマップでは、2020年に「POWER10」の投入が予定されている。POWER10はコア数が48基に倍増し、PCIe 5.0をサポートする可能性がある。

 以前、Powerアーキテクチャはx86の競争相手とは見なされていなかった。だがIBMがRed Hatを最近買収したことで、この状況は変わるかもしれない。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
ください(PDFをダウンロードします)。






ITmedia マーケティング新着記事

news111.jpg

マーケターの5割が自分の仕事の自動化に不安――ベーシック調査
マーケターのキャリアに関する調査結果です。

news150.jpg

SNSマーケティング予算は前年比で増加傾向、注力するのは「Instagram」と「Twitter」――ガイアックス調査
ガイアックスの運営するSNSマーケティングメディア「ソーシャルメディアラボ」が150社を...

news129.jpg

新型コロナウイルス感染拡大で米国のEC取引が急増――Adobe Digital Economy Index
Adobeは、「Adobe Analytics」と、オンラインでの商品およびサービスの売り上げを測定す...