ポケットサイズのWi-Fiルーター「GL-MT1300(Beryl)」レビュー公衆Wi-Fiを安全に

ホテルなどのWi-Fiのセキュリティを強化できるWi-Fiルーター「GL-MT1300(Beryl)」。コンパクトで持ち歩きも可能なことが最大の特徴だ。

2021年04月23日 08時00分 公開
[Adrian BridgwaterComputer Weekly]

 ホテルなどのWi-Fiは安全とは言えない。ただしWi-Fi「中継器」があれば話は別だ。それが本稿のテーマだ。

 問題は、ルーターを持ち歩くのはばかげた考えだということだ。下着、水泳用具一式、歯ブラシ、胃薬を詰め込んでから、そうそう家庭用ルーターも忘れてはいけない、なんて考える人は(あまり)いない。当たり前のことだが、一般的にルーターは大き過ぎる。

 そこで考えられたのがGL.iNetの「GL-MT1300(Beryl)」だ(訳注)。

訳注:同製品は日本の技術基準適合証明(技適マーク)を取得している。

 サイズは19.2x15.6x5.2センチで、キットカットを3枚重ねたくらいの大きさだ。

 YouTubeの動画の通り、公衆Wi-Fiを安全に自分の作業空間に「中継」できる。接続方法は有線、中継器、3G/4Gモデム、テザリングの4種類。専用CPU、Type-C電源、USB-A 3.0ポート、ギガビットイーサネット×3ポートを搭載する。最大40台のワイヤレス端末を同時にサポートできるとのことだが、正直言ってこれは宣伝文句のように思える。

 BerylはデュアルバンドWi-Fiを備え、5GHz(最高867Mbps)と2.4GHz(同400Mbps)に対応する。

IPv6サポート

 BerylはGL.iNet初のIPv6対応ルーターで、サイバーセキュリティの層をさらに追加する。他のGL.iNet製品と同様、Berylは「OpenVPN」および「WireGuard」をサポートする。WireGuardでは91Mbps、OpenVPNでは21Mbpsを実現する。

 GL.iNetは次のように説明する。「『Tor』を使うことで、オンラインIDとブラウズデータを監視やトラフィック分析の対象から隠すことができる。Cloudflareのサービスは、中間者攻撃によるDNSデータの傍受と改ざんを防ぐのに役立つ。また、DNSサービスの『NextDNS』によってインターネットセキュリティが強化される。Wi-Fiセキュリティプロトコルの『WPA3』もサポートする」

 Berylは「Linux」ベースのオープンソースOS「OpenWrt」(19.07.4)を使用している。ユーザーはrootアクセスを使ってBerylをカスタマイズおよび最適化できる。

 Berylはその宣伝通りポケットに入れやすい大きさで、184グラムと軽量だ。再び旅行に行けるようになったら、Berylを旅のお供にしてはどうだろう。Berylを安全な「中継」ルーターとして設定する方法は、YouTubeの動画を参照してほしい。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した...

news135.jpg

Xが新規アカウントに課金するとユーザーはどれほど影響を受ける? そしてそれは本当にbot対策になるのか?
Xが新規利用者を対象に、課金制を導入する方針を表明した。botの排除が目的だというが、...

news095.jpg

Googleの次世代AIモデル「Gemini 1.5」を統合 コカ・コーラやロレアルにも信頼される「WPP Open」とは?
世界最大級の広告会社であるWPPはGoogle Cloudと協業を開始した。キャンペーンの最適化、...