2021年07月07日 08時00分 公開
特集/連載

コンピュテーショナルストレージの最新技術動向コンピュテーショナルストレージ最新動向【前編】

データをCPUに転送することなくストレージで処理するコンピュテーショナルストレージ。その定義と技術動向を紹介する。

[Stephen Pritchard,Computer Weekly]
iStock.com/sdecoret

 データ増とその迅速な処理の必要性が高まるにつれて、ネットワークエッジにおけるデータ処理はますます重要になっている。その延長線にあるのがコンピュテーショナルストレージだ。

 コンピューティング、ネットワーク、ストレージが分離している従来のITシステムには、各コンポーネント固有のボトルネックが伴う。これに対する一つの選択肢がHCI(ハイパーコンバージドインフラ)だ。

 コンピュテーショナルストレージはこれをさらに一歩進め、ストレージサブシステムに演算能力を組み込んだ。このアイデアの支持者は、これによりさまざまな状況で高い効率性を発揮するという。例えばセンサーやIoT(モノのインターネット)の急増によってデータ量が増加する状況やAIで迅速な処理が必要な状況だ。

 ただしコンピュテーショナルストレージは比較的未熟で、サプライヤーもわずかだ。

コンピュテーショナルストレージを必要とする要因

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。