2021年07月05日 08時00分 公開
特集/連載

3−2−1バックアップルールはクラウド時代でも有効なのかテープ時代のルール

テープバックアップの時代に考案された3−2−1バックアップルールは今でも有効なのか。クラウドバックアップを前提にすると何が変わるのか。3−2−1ルールを改めて検討する。

[Antony Adshead,Computer Weekly]
iStock.com/NicoElNino

 バックアップの基本は「3−2−1ルール」だ。だが、バックアップとDR(災害復旧)用のクラウドサービスが増えている時代において、これはまだ価値があるのだろうか。

 本稿は3−2−1ルールを見直して本来の目的を定義し、最新動向を検討する。結論としては、このルールの原則は正しい。現在のシナリオに直接当てはまらないとしても、2020年代のデータ保護について重要なガイドラインを提供する。

3−2−1ルールの定義

 「3−2−1」という用語は、米国の写真家ピーター・クロー氏が2000年代初頭にデジタル資産管理に関する書籍の執筆中に生み出した造語だ。

 「3」はデータのコピーが3つ必要であることを規定する。1つはオリジナルまたは運用中のコピーで、他に2つバックアップコピーを作成することで合計3つのコピーとなる。

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

「日本企業的DX」の神髄(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。