2021年09月30日 08時00分 公開
特集/連載

オンプレミスERPからクラウドERPへの移行を決断させた「破滅的な危機」オンプレミスERPでは不可能

サプライチェーンサービスプロバイダーのVallen Asiaは、ある大型契約を受注したことで重大な危機を経験した。これを契機に、同社はクラウドERPへの移行を決断した。

[Aaron Tan,Computer Weekly]
iStock.com/paisan191

 サプライチェーンサービスを提供するVallen Asiaにとって、複数の業界にまたがる企業の資材サプライチェーンをオンプレミスERPで運営することは不可能であることが証明された。

 このサービスの需要が増えるにつれ、Vallen Asiaはスケーラビリティの問題に直面した。特に、複数地域をまたがるサプライチェーンを有する大企業が問題だった。

 転換点となったのは、世界最大級の航空宇宙製品サプライヤーであるRaytheon Technologiesから、アジアの複数の拠点をまたがる資材サプライチェーンを管理する大型契約を獲得したときだった。

 Vallen AsiaのCEOアンドリュー・ベネット氏は次のように語る。「この契約によって当社の事業はほぼ完全に停止した。当社のリソースは全て使い尽くされ、他の商談を断らざるを得なかった。システムをスケーリングできず、リソースも帯域幅もなかったからだ。主な原因はプラットフォームにあった」

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...