2019年11月20日 08時00分 公開
特集/連載

量子コンピュータは君臨しない量子コンピュータが古典コンピュータを必要とする理由

量子超越性の証明により量子コンピュータの能力が再確認されたが、量子コンピュータの時代になっても古典コンピュータが駆逐されることはないだろう。それどころか量子コンピュータは古典コンピュータを必要とするという。

[Cliff Saran,Computer Weekly]

 2019年9月最後の週、多くのニュースが飛び交った。まずIBMが、53量子ビットをサポートする量子計算センターを開設したことを発表した。週末には、Financial Times(FT)がGoogleの新しい学術論文について報じた。その論文は、「量子超越性」(古典コンピュータアーキテクチャではほぼ不可能なアルゴリズムの実行が、量子コンピュータでは可能である状況を表す用語)をGoogleの研究者が達成した方法を論じている。FTによると、現時点で最先端の古典コンピュータ「Summit」が約1万年かかるとされる計算を、Googleの量子コンピュータが3分20秒で実行した方法が解説されているという(訳注)。

訳注:2019年10月23日にGoogleが正式発表

 そして同じ週、D-Wave Systemsもある計画を発表した。クラウドを介して同社の量子コンピュータ「Advantage」を使えるようにするという計画だ。Advantageはハードウェアとソフトウェアの新しいプラットフォームを強化し、量子コンピューティングアプリケーションの提供を高速かつ容易にする。

 同社で最高製品責任者を務めるアラン・バラッツ氏は次のように話す。「量子コンピューティングは、アプリケーションユーザーが実行できて初めて価値を持つ。当社はAdvantageによって、ビジネス上のメリットを提供するよう設計された初の量子コンピュータを構築している」

究極のアーキテクチャ

 IBMは、量子コンピュータが古典コンピュータの上に「君臨」することは決してなく、むしろこの2つは協調すると考える。というのも、それぞれに独自の強みがあるためだ。同社の構想は、ハイブリッドアーキテクチャでアルゴリズムを実行するというものだ。

 IBM Researchの所長、ダリオ・ギル氏は次のように語る。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news105.jpg

ITツールの利用効果に対する実感に世代間ギャップ――Dropbox Japan調査
国内企業における創造性とITツール利用に関する実態調査です。

news035.jpg

エードット×BIRDMAN デジタルクリエイティブ界の強力タッグが目指す「広告のいらない世界」
プロデュースカンパニーとして急成長中のエードットが総合クリエイティブプロダクション...

news092.jpg

10代女子に聞いたお年玉の使い道、「貯金」「推し活」が上位に――バイドゥ調べ
イマドキの女子はもらったお年玉をどう使っているのでしょうか。