2019年11月22日 08時00分 公開
特集/連載

曖昧になるメモリとストレージの境界2020年、新「Intel Optane」でメモリのストレージ化が加速

Intelは2020年にIntel Optaneのラインアップを拡充する予定だ。新Intel Optaneは速度と容量が向上し、メモリがストレージの役割も担うようになるだろう。

[Yann Serra,Computer Weekly]

 Intelは、より高速・大容量の永続メモリからSSDまで、幅広い製品を2020年にリリースする予定だ。「Optane DC Persistent Memory」(PMEM)、「Optane SSD」、クアッドレベルセル(QLC)フラッシュを備えた従来型SSDなどだ。

 2019年9月に韓国ソウルのストレージイベントで発表されたOptane DC PMEM製品ライン(コードネーム:Barlow Pass)は、DIMM DDR4スロットに装着できるカードになる。価格とパフォーマンスはDRAMとSSDの間に位置付けられる。

 新世代のOptane SSD(コードネーム:Alder Stream)は、既存の「P4800X」よりもパフォーマンスが50%向上する予定だ。

 さらに、2020年度にQLC 144層3D NANDのSSDの出荷を予定している。Intelによれば、競合他社の128層製品を上回る容量を実現するという。

Optane DC PMEM

 Xeon(Cascade Lake)搭載サーバ向けの永続メモリと同様、Optane DC PMEMは128GB、256GB、512GBの容量でリリースされる予定だ。DRAMと組み合わせれば、ソケットが1つのワークステーションではメモリを最大3TB(Optane DC PMEM 512GB×4+DDR4 SDRAM 256GB×4)、ソケットを2つ備える「Cooper Lake」(14ナノメートル)や「Ice Lake」(10ナノメートル)のCPU(こちらも2020年リリース予定)ならばその2倍までメモリを搭載できる。

 Optane DC PMEMにはメリットが2つある。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads...

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...