2016年06月20日 08時00分 公開
特集/連載

Computer Weekly製品ガイドマイクロサービスとソフトウェアアーキテクチャの分裂

個別に導入できるモジュールで構成されたアプリケーションには、柔軟性の高いソリューション開発の未来がある。

[Randy Heffner,Computer Weekly]

 アプリケーション開発と配信のプロフェッショナルは、ペースを加速させると同時に、配信する内容の品質や耐久性を保つ(できれば向上させる)必要がある。Netflix、Amazon、Google、PayPal、Uber、eBay、Yahoo!といったWebネイティブあるいはモバイルネイティブ企業、そして幅広い業種の企業が、継続的なビジネスイノベーションという課題に対応するためにソフトウェアアーキテクチャを変更している。

Computer Weekly日本語版 6月8日号無料ダウンロード

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 この課題には主に、「どのように」「何を」という2つの側面がある。「どのように」に関しては、アジャイル開発や継続的デリバリーによってソフトウェアのデリバリープロセスを向上できる。「何を」については、API、コンテナおよびマイクロサービスによってソフトウェアの柔軟性やデプロイを向上させ、ソフトウェアのデリバリーと安定性における静かな革命の中心となる基盤を提供できる。

マイクロサービスの重要性

 マイクロサービスをモノリシック(一枚岩)型のアプリケーションと比較すると、まず何よりもデプロイが異なる。だが設計にも違いがある。

 例えばJavaベースのWebアプリケーションは、モジュール式Javaクラスのコレクションとして記述できる。だがそうしたクラスは個別にデプロイできる設計にはなっていない。デプロイするには、その全てを集めて1つの大型ファイルにパッケージ化しなければならない。マイクロサービスは1つのアプリケーションを構成し直して、個別にデプロイ可能な小規模ユニット群に分割できる。

 マイクロサービスには主に4つのメリットがある。

Computer Weekly製品導入ガイド無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly製品導入ガイド」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。


ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...