2016年06月16日 08時00分 公開
特集/連載

46カ国同時! ロールス・ロイスのクラウド人事システム導入記世界規模プロジェクトの全貌

ロールス・ロイスは、46カ国で4万人以上の従業員を管理する人事システムの入れ替えを行った。2012年に始まったプロジェクトのクライマックスは、46カ国で同日に実施するという驚くべきものだった。

[Bill Goodwin,Computer Weekly]

 Rolls-Royce Holdings(以下「ロールス・ロイス」)は、数百万ポンドを掛けて4万人以上の従業員を管理する人事システムを入れ替えるプロジェクトを終えた。

Computer Weekly日本語版 6月8日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 6月8日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 ロールス・ロイスは、46カ国で使用していた旧態依然としたERPやスプレッドシートを全社的な基幹人事システムに切り替えた。

 Computer Weeklyは、ロールス・ロイスの適性管理、適材適所の従業員配置について、同社の人事IT部長マーク・ジャッド氏にインタビューした。

 46カ国で事業を展開するロールス・ロイスは、急激な事業拡大を経て、人事テクノロジーをクラウドに移行するという戦略的決定を下した。

ジャッド氏のチームは小規模プロバイダーを考えていたが、ロールス・ロイスのような規模の企業に対応できるプロバイダーは、SuccessFactors、Workday、Oracleの3社しかなかった。

調査

 ロールス・ロイスはサプライヤーの選択に入る前に、大規模クラウド人事プロジェクトを既に導入している大企業25社を調査した。こうして浮上したサプライヤーを採用することにした。

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

新型コロナ接触確認アプリ プライバシーと感染抑止の間で揺れ動く各国の対応
欧米では新型コロナ「第2波」への危機感が高まっています。主要国における接触確認アプリ...

news163.jpg

2020年米国ホリデーシーズンショッピング、オンライン売上高が過去最高に――Adobe予測
Adobeはホリデーシーズンの米国におけるオンライン売上高が1890億ドルになると予測してい...