2016年06月10日 08時00分 公開
特集/連載

PowerShellを使ったサイバー攻撃増加中攻撃者にとっても便利なPowerShell

かねて危険性が指摘されてきたPowerShellのリスクが、Carbon Blackの脅威レポートによって初めて定量化された。PowerShellを使ったサイバー攻撃が増加する中、防御策はあるのか?

[Warwick Ashford,Computer Weekly]

 セキュリティ企業Carbon Blackとそのパートナーは、「Windows PowerShell」を使ったサイバー攻撃が2015年は全攻撃の38%に達したと報告した。

Computer Weekly日本語版 6月8日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 6月8日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 セキュリティの専門家は、「PowerShellが2015年には完全に凶器と化してしまった」と警告していたが(訳注)、Carbon Blackの脅威レポートでそのリスクが初めて定量化された。

訳注:「5月11日号:新トランジスタで蘇るムーアの法則」収録の「『Windows PowerShellは凶器』セキュリティ専門家が今、警鐘を鳴らす理由」参照。

 PowerShellエクスプロイトの増加は、マルウェア作成者がOSのツールを悪用して検出を逃れる方法を試す傾向が高まっていることを示している。PowerShellを使った攻撃は、検出されずにとどまることで効果を発揮する。Carbon Blackパートナーの31%がPowerShell関連のインシデントはセキュリティの警告を発しなかったと報告している。それはどういうことなのか。

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...