2019年10月01日 08時00分 公開
特集/連載

ついやってしまう失敗新たに着任するCIOが避けるべき4つの落とし穴

CIOとして新たな職場に着任するとき、何に気を付けるべきか。これまでに多くのCIOが犯してきた4つの失敗を紹介する。これらはCIOとしてリーダーシップを発揮できるか否かの分かれ目となるだろう。

[Kelly Calhoun Williams,Computer Weekly]

 CIO(最高情報責任者)に初めて就任する場合でも、CIOの資質の微妙なあやを熟知している場合でも、就任直後は困難に直面し、驚かされ、多くの事務手続きに追われることになるだろう。

 新任CIOにとって、よくある失敗から学び、落とし穴を避け、新しい役職で成功するためには、就任直後の数日間が特に重要だ。そこで、新任CIOが避けるべき4つの失敗を紹介する。

 1つ目はエゴに関係する。新任のCIOは、面接官や人事担当者には資質を認められている。だが新しいチーム、関係者、同僚、仕入れ先にとっては未知の存在だ。前職で成功したエピソードを語ることで信頼を築きたいと思うかもしれない。だがそうした衝動は抑えるべきだ。尊大な姿勢は周囲の感情を害するだろう。

 そうではなく、エゴを抑え、謙虚ながらも自信を内に秘め、慣れることに専念する。これまで完璧な実績があったとしても、リーダーとして信頼を得ることを目指し、自身のブランドと価値提案をゼロから築き直すことを考える。

 仕事をうまくこなせば、周囲は最終成果から理解してくれると考えれば安心できる。

 2つ目の問題は、新しいチームのメンバー、直属の部下、同僚、関係者もCIO職に応募していた可能性があることだ。

 応募していた人は当然がっかりするだろう。憤慨する人もいるかもしれない。自分の方がCIOにふさわしいと考える人もいるかもしれない。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news105.jpg

ITツールの利用効果に対する実感に世代間ギャップ――Dropbox Japan調査
国内企業における創造性とITツール利用に関する実態調査です。

news035.jpg

エードット×BIRDMAN デジタルクリエイティブ界の強力タッグが目指す「広告のいらない世界」
プロデュースカンパニーとして急成長中のエードットが総合クリエイティブプロダクション...

news092.jpg

10代女子に聞いたお年玉の使い道、「貯金」「推し活」が上位に――バイドゥ調べ
イマドキの女子はもらったお年玉をどう使っているのでしょうか。