2019年09月30日 08時00分 公開
特集/連載

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)導入時に多い6つの失敗「こんなはずではなかった」になる前に

多くの企業が課題解決を期待してハイパーコンバージドインフラを導入する。だが、考慮すべき点をわずかに見落としただけで、無残な結果をもたらす。失敗を避けるには、以下の6つの事項を検討すべきだ。

[Rene Millman,Computer Weekly]

 多くの企業が、サーバとストレージで構成する旧来のアーキテクチャに代えてハイパーコンバージドインフラ(HCI)を導入している。

 HCIはコンピューティング、ネットワーク、ストレージを1つの仮想化システムに組み合わせ、導入、管理、スケーリングを容易にする。

 だが、HCIに全くリスクがないというわけではない。多くの企業が、HCIを調達、導入する際にさまざまな失敗を犯している。そこでよく起こる問題に注目して、問題を回避したり最小限に抑えたりするための最善の方法を考える。

 HCIがデータセンターの不都合な部分全てに対する特効薬になると考える企業は多い。確かに、HCIは展開とプロビジョニングにある程度の柔軟性をもたらす。だがそれでも管理を必要とする要素は存在する。

 Park Place Technologiesでイノベーション部門の責任者を務めるポール・メルシナ氏は、コンピューティング、ネットワーク、ストレージを1つの筐体に統合することは、データセンタースタッフのサイロを崩すことにもなると指摘する。

ストレージに関する配慮が不十分

 HCIはコンピューティング、ネットワーク、ストレージにビルディングブロック方式のアプローチを提供する。だが、一定量のコンピューティングリソースに一定量のストレージリソースを組み合わせることが多い。それがHCIの大きな課題の一つだ。

 「ストレージの必要量を少なく見積もると、後でノードを追加することになる。だが追加ノードにはコンピューティングも含まれるため、企業のニーズを超えるコストがかかることになる」(メルシナ氏)

 こうした点が、ビッグデータ分析や人工知能アプリケーションにはHCIが適さないと考えられる理由の一つになっている。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

新型コロナ接触確認アプリ プライバシーと感染抑止の間で揺れ動く各国の対応
欧米では新型コロナ「第2波」への危機感が高まっています。主要国における接触確認アプリ...

news163.jpg

2020年米国ホリデーシーズンショッピング、オンライン売上高が過去最高に――Adobe予測
Adobeはホリデーシーズンの米国におけるオンライン売上高が1890億ドルになると予測してい...

news170.jpg

自撮り写真の加工はメイク? 整形?――ByteDance「Ulikeユーザー白書」
ナチュラルに盛れると人気のカメラアプリ「Ulike」のユーザー調査。もっとも、カメラアプ...