2019年09月30日 08時00分 公開
特集/連載

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)導入時に多い6つの失敗「こんなはずではなかった」になる前に

多くの企業が課題解決を期待してハイパーコンバージドインフラを導入する。だが、考慮すべき点をわずかに見落としただけで、無残な結果をもたらす。失敗を避けるには、以下の6つの事項を検討すべきだ。

[Rene Millman,Computer Weekly]

 多くの企業が、サーバとストレージで構成する旧来のアーキテクチャに代えてハイパーコンバージドインフラ(HCI)を導入している。

 HCIはコンピューティング、ネットワーク、ストレージを1つの仮想化システムに組み合わせ、導入、管理、スケーリングを容易にする。

 だが、HCIに全くリスクがないというわけではない。多くの企業が、HCIを調達、導入する際にさまざまな失敗を犯している。そこでよく起こる問題に注目して、問題を回避したり最小限に抑えたりするための最善の方法を考える。

 HCIがデータセンターの不都合な部分全てに対する特効薬になると考える企業は多い。確かに、HCIは展開とプロビジョニングにある程度の柔軟性をもたらす。だがそれでも管理を必要とする要素は存在する。

 Park Place Technologiesでイノベーション部門の責任者を務めるポール・メルシナ氏は、コンピューティング、ネットワーク、ストレージを1つの筐体に統合することは、データセンタースタッフのサイロを崩すことにもなると指摘する。

ストレージに関する配慮が不十分

 HCIはコンピューティング、ネットワーク、ストレージにビルディングブロック方式のアプローチを提供する。だが、一定量のコンピューティングリソースに一定量のストレージリソースを組み合わせることが多い。それがHCIの大きな課題の一つだ。

 「ストレージの必要量を少なく見積もると、後でノードを追加することになる。だが追加ノードにはコンピューティングも含まれるため、企業のニーズを超えるコストがかかることになる」(メルシナ氏)

 こうした点が、ビッグデータ分析や人工知能アプリケーションにはHCIが適さないと考えられる理由の一つになっている。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...