2016年06月29日 08時00分 公開
特集/連載

CIOが開発者に求めるスキルとは?「こんな人物は採用しない」

「当社は真のオムニチャネル展開を果たしている」と豪語するCIOの人材登用・教育論、そしてオムニチャネル戦略を聞いた。

[Clare McDonald,Computer Weekly]

 業務システムを自前で構築するか、外部にアウトソーシングするか。どちらにもそれぞれ利点があるが、その選択の決め手となる要因は、カスタマイズの程度、システムイメージの更新作業の難易度、そして(システムの保守に)必要なITスタッフの人数だ。

Computer Weekly日本語版 6月22日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 6月22日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 リテール(小売)も手掛ける紳士服ブランド、Charles TyrwhittのCIO(最高情報責任者)に、自社で構築した機能満載のEコマースシステムから、SaaSの「Demandware」へ移行した経緯を聞いた。

Demandwareベースの実装

 同社は社内用のERPシステムを刷新した後、2014年にWebプラットフォームの改善に着手した。Demandwareと「SAP Hybris」を比較検討し、結果としてDemandwareに決めた。アパレルショップでの採用実績が既に多数あったからだ。

 新しいEコマースプラットフォームの運用を2016年1月から開始した。このとき同社ブランドの主要分野を一気に移行させた。そのプロセスが何の支障もなく順調に完了したため、同社スタッフは「Webプラットフォームの刷新作業ではまず聞いたことがない」と言って驚いていたと、ケリー氏は明かしてくれた。

新しい働き方で要求されるスキルを探す

 「以前のシステムはMicrosoft製品をベースとしていた。プラットフォームをDemandwareへ移行させると決めて社員にそれを告知したところ、Microsoft製品に特化していた開発者が何人も退職していった」とケリー氏は語る。

 ケリー氏がCharles Tyrwhittに入社したのは4年前だが、その当時IT部門はわずか15人のチームだった。そこで人材育成と部門の拡大に注力した結果、ケリー氏は「望ましい人材を採用するのは難しい」ことを悟った。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...