2016年07月07日 08時00分 公開
特集/連載

ソフトウェア開発の常識を変える第4世代フラッシュストレージフラッシュだからこそできるアプリの時代

システムの高速化を目的としたフラッシュストレージ導入はもう古い。既に、フラッシュを使うことで初めて実現するアプリケーションを開発する時代に入っている。それを“第4世代フラッシュストレージ”という。

[Bryan Betts,Computer Weekly]

 フラッシュストレージは第4世代に移行しようとしている。新たな世代を迎える準備はもう整っているだろうか。

Computer Weekly日本語版 7月6日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 7月6日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 第1世代のフラッシュは補助的な役割で、ハイブリッドディスクやフラッシュストレージアレイなど、サーバやストレージシステムを高速化することが目的だった。

 第2世代は比較的シンプルなオールフラッシュアレイで、I/Oが集中する特定のアプリケーションを高速化するポイントソリューションとして利用された。

 第3世代は、従来のストレージが標準的に行っていた一種の管理機能がオールフラッシュアレイに導入されるようになった時点を指す。その結果、企業は自社アプリケーションの多く、あるいはその全てを同一の共有オールフラッシュアレイに移行するようになった。

 この点は第4世代にとっても重要になる。つまり、ポイントソリューションとしてではなく、汎用(はんよう)的にフラッシュストレージを構築することが想定される。だが、第4世代への実際の転換は、ハードウェアの変化をきっかけとするものではない。以前は使えなかったところにフラッシュストレージが使えるようになったことで生じる変化だ。

ムーアの法則の先を行く

 何十年もの長きにわたって、プログラマーは“ディスクへの書き込みはできる限り避ける”ように教えられてきた。だが、この教えは不要になる。

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。