2022年06月17日 08時00分 公開
特集/連載

「Windows 11のシェアはXP以下」が笑い事ではないのはなぜ?問題は続く

6万社の3000万台のPCを調査した結果、Windows 11のシェアはWindows XP以下であることが分かった。問題はその先だ。サーバOSにもWindows 11と同じ要件が適用された場合、既存のサーバはどうなるのか。

[Cliff Saran,Computer Weekly]

 Lansweeperが6万社で3000万台のWindows端末を調査したところ、「Windows 11」をインストールできるPCは44.4%、インストールできないPCは55.6%だった。

 調査対象のPCの91%はWindows 11の実行に十分なメモリを搭載しているが、監査対象のPCの19%以上はTPMを実装していなかった。TPMを実装しているが互換性がない、あるいはTPMを有効にしていないPCは28%に上った。

 66.4%のPCはWindows 11で仮想化を実行できるメモリを搭載していた。だが、TPM 2.0が有効になっていた仮想マシン(VM)は0.23%だけだった。

 「TPMパススルー(vTPM)を使えばVMにTPMを提供できるが、ほとんど使われていない」とLansweeperは指摘する。

Windows 11のシェアはXP以下

 物理サーバのTPMは1.49%しかテストに合格しなかった。つまり、今後サーバOSのシステム要件がWindows 11と同等になった場合、既存のサーバの98%はアップグレードできないことになる。

 Lansweeperのロエル・デクヌート氏(最高戦略責任者)は言う。「導入率は少しずつ上昇しているが、特にビジネス環境においてWindows 11へのアップグレードはMicrosoftが期待していたほど迅速に進んでいない」

 Windowsの各バージョンのシェアは「Windows 10」が80.34%で最も高く、サポートが終了した「Windows XP」は1.71%、「Windows 7」は4.7%、「Windows 8」は1.99%だった。Windows 11は1.44%で、サポートが終了したOSよりも少ない。

 「Windows 11のシステム要件を満たすPCの購入をためらう企業は多い。2025年までサポートされるWindows 10に満足している企業もある。Windows 11にアップグレードすべき説得力のある理由がもたらされない限り、この状況は今後も続くだろう」(デクヌート氏)

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...