2015年12月08日 08時00分 公開
特集/連載

Office 365打倒に燃えるGoogleのなりふり構わぬ「無償」作戦Google Apps導入費用も負担します

敵は世界で最も導入されているクラウドアプリ「Office 365」。Office 365をこの座から引きずり下ろすため、Googleが大胆な戦略を発表。「Google Apps for Work」へ移行する企業は増えるのか?

[Caroline Donnelly,Computer Weekly]

 米Googleは、「Google Apps for Work」(以下、Google Apps)に乗り換える企業に対し、現在使用している他社Officeスイートの契約が切れるまでGoogle Appsを無償提供すると発表した。

 同社は、米Microsoft「Office 365」、米IBM「Lotus」、米Zoho「Zoho」のユーザーがGoogle Appsに乗り換えるならば、現製品のエンタープライズ契約(EA)期間中はGoogle Appsの使用料金を免除するとブログに投稿した。さらに、Google Appsの導入に掛かる費用の一部も助成するという。

 「現在のEAが終了したら、トラブルの原因になることのないシンプルな契約を提示する。多くの企業にとってはコストの削減になる」とGoogle Appsのグローバル販売責任者、リッチ・ラオ氏は話す。

 前述のブログには「基本的なEAを締結していて、現在のスイートに固執しない企業であれば、Google Appsに乗り換えることで最大70%のコスト削減(当社推定)が可能だ」と記されている。

 Googleは、この件について本誌Computer Weeklyに補足説明を行った。

ITmedia マーケティング新着記事

news084.jpg

2021年の国内動画広告市場は前年比142.3%の成長、コロナ禍の落ち込みから反転――サイバーエージェント調査
インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額推計とこれからの市場規模推...

news053.jpg

対Amazon包囲網も? ポストCookieにおけるCriteoの勝算
Criteoが3億8000万ドルでIPONWEBを買収する。サードパーティーCookie廃止はアドテク企業...