2021年06月09日 08時00分 公開
特集/連載

オンプレデータウェアハウスの課題を解決するクラウドサービスオンプレ/クラウドDWH【後編】

データウェアハウスをオンプレミスに構築することは可能だが、スケーリングなどの面で課題がある。ここで、十分に成熟してきたクラウドサービスが選択肢になる。

[Antony Adshead,Computer Weekly]
iStock.com/Andreus

 前編「データウェアハウスのオンプレ構築の課題を解決するアプライアンス」では、DWHを定義してDWHを構成するデータの種類、必要なストレージ、各社のアプライアンス製品を紹介した。

 後編では、AWS、「Microsoft Azure」「Google Cloud」が提供しているDWHのクラウドサービスを解説する。

クラウドへの進化

 クラウドが成熟する以前は、分析に最適なソリューションはオンプレミスのDWHアプライアンスだった。

 だが購入、運用、保守に多くのコストが必要で、スケーリングにはさらに課題が生じる。段階的にアップグレードすることはできず、必要以上のスペックの製品を購入しなければならなかった。

 ここ10年で、クラウドサービスはDWHが適合する程度まで成長している。

 DWHをクラウドで運用すれば、設備投資や保守・運用コストをプロバイダーに負担させることができる。

 AWS、Azure、Google CloudはいずれもDWHサービスを用意し、データベースを軸とするコア機能の他、ETLやデータ可視化などの追加機能を提供する。

Amazon Redshift

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

「STORES プラットフォーム」にPOSレジアプリ 実店鋪とネットショップのデータを一元管理可能に
ヘイの「STORES プラットフォーム」にPOSレジアプリ「STORES レジ」が加わった。新サービ...

news051.jpg

電通の広告・マーケティングノウハウをAIで再現 「CXAI」が目指すもの
電通グループ4社が、CXのためのAI構築サービスを開始した。電通のクリエイターの知見を学...