2021年04月28日 05時00分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「データマート」の基礎 「DWH」との違いを納得させるには?データウェアハウスとデータマートの違いを比較【後編】

欲しいデータをより迅速に手に入れたいというニーズを満たすのが「データマート」だ。そのメリットを整理し、データウェアハウス導入済みの企業が、新たにデータマートを構築する際の予算獲得のこつを紹介する。

[Chris Foot,TechTarget]

関連キーワード

データ分析 | データベース


 前編「いまさら聞けない「『データウェアハウス』の基礎 何ができるのか?」は「データウェアハウス」(DWH)の概要を解説した。後編は「データマート」の概要を説明する。

データマートとは

 データマートの主な用途は、データウェアハウスが扱うデータより詳細な業務分野別の情報を提供することだ。エンドユーザーはデータマートを参照することで、ニーズに沿ったデータを迅速に入手できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...

news010.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

イー・エージェンシーのCDP「D-Lenz」はSaaSとスクラッチ開発の良いとこ取り
顧客データや問い合わせデータのさまざまなマーケティングデータを統合し、顧客の分析や...