2021年04月28日 05時00分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「データマート」の基礎 「DWH」との違いを納得させるには?データウェアハウスとデータマートの違いを比較【後編】

欲しいデータをより迅速に手に入れたいというニーズを満たすのが「データマート」だ。そのメリットを整理し、データウェアハウス導入済みの企業が、新たにデータマートを構築する際の予算獲得のこつを紹介する。

[Chris Foot,TechTarget]

関連キーワード

データ分析 | データベース


 前編「いまさら聞けない「『データウェアハウス』の基礎 何ができるのか?」は「データウェアハウス」(DWH)の概要を解説した。後編は「データマート」の概要を説明する。

データマートとは

 データマートの主な用途は、データウェアハウスが扱うデータより詳細な業務分野別の情報を提供することだ。エンドユーザーはデータマートを参照することで、ニーズに沿ったデータを迅速に入手できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...