2021年04月28日 05時00分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「データマート」の基礎 「DWH」との違いを納得させるには?データウェアハウスとデータマートの違いを比較【後編】

欲しいデータをより迅速に手に入れたいというニーズを満たすのが「データマート」だ。そのメリットを整理し、データウェアハウス導入済みの企業が、新たにデータマートを構築する際の予算獲得のこつを紹介する。

[Chris Foot,TechTarget]

関連キーワード

データ分析 | データベース


 前編「いまさら聞けない「『データウェアハウス』の基礎 何ができるのか?」は「データウェアハウス」(DWH)の概要を解説した。後編は「データマート」の概要を説明する。

データマートとは

 データマートの主な用途は、データウェアハウスが扱うデータより詳細な業務分野別の情報を提供することだ。エンドユーザーはデータマートを参照することで、ニーズに沿ったデータを迅速に入手できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news022.jpg

「サイト内検索」ツール(有償版) 国内売れ筋TOP10(2021年7月)
サイト内検索(サイトサーチ)ツールは検索窓から自社サイト内のコンテンツを正確に、効...

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...