2021年04月28日 05時00分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「データマート」の基礎 「DWH」との違いを納得させるには?データウェアハウスとデータマートの違いを比較【後編】

欲しいデータをより迅速に手に入れたいというニーズを満たすのが「データマート」だ。そのメリットを整理し、データウェアハウス導入済みの企業が、新たにデータマートを構築する際の予算獲得のこつを紹介する。

[Chris Foot,TechTarget]

関連キーワード

データ分析 | データベース


 前編「いまさら聞けない「『データウェアハウス』の基礎 何ができるのか?」は「データウェアハウス」(DWH)の概要を解説した。後編は「データマート」の概要を説明する。

データマートとは

 データマートの主な用途は、データウェアハウスが扱うデータより詳細な業務分野別の情報を提供することだ。エンドユーザーはデータマートを参照することで、ニーズに沿ったデータを迅速に入手できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

「SDGs」の認知率が初の半数超え 10代、課長代理・係長クラスの認知率が高い――電通調査
電通が第4回「SDGsに関する生活者調査」を実施。SDGs認知率は前回調査(2020年1月)から...

news054.jpg

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2021年5月)
一部の都道府県では、新型コロナ第4波のための緊急事態宣言が続いています。オンラインシ...

news138.jpg

Brightcove、放送局レベルの品質でライブ配信イベントを実現する「Virtual Events for Business」を発表
企業やチーム単位で、安全かつ信頼性の高い放送品質のライブ配信イベントを社内外に配信。