2021年04月13日 05時00分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「データウェアハウス」の基礎 何ができるのか?データウェアハウスとデータマートの違いを比較【前編】

データ活用の要となるシステムが「データウェアハウス」だ。どのような役割やメリットを持つのか。データウェアハウスの基本的な特徴を整理する。

[Chris Foot,TechTarget]

関連キーワード

データ分析 | データベース


 筆者がIT分野で働き始めた頃、自社のデータを他者と共有するという考え方も、データが企業にもたらす価値を理解するという考え方もなかった。IT部門は日常業務に重点を置くアプリケーションを設計、管理することが仕事だった。意思決定を支援するレポートやアプリケーションはあったものの、「あれば便利」といった程度の位置付けでしかなかった。

 業務部門はさまざまなレポートを作成するようになるにつれ、自社で収集したデータに、意思決定に役立つ戦略的価値があることに気付き出した。さまざまな部門のデータストアが企業資産となり、自社に利益をもたらすことに気付いたIT部門は、データを収集して標準化し、「データウェアハウス」(DWH)に格納し始めた。それが「データマート」の源流だ。

 データウェアハウスとデータマートは、どちらも大量のデータを取り込んで格納し、データ処理を容易にする仕組みを持つ。だが両者には異なる点がある。定義と比較に際する問題は、データウェアハウスとデータマートを分類する基準がやや曖昧なことだ。

 さまざまなデータソースから得た、大量のデータを保有する業務別のシステムがあるとする。このシステムは、意思決定に役立つデータを各部門に提供する点ではデータマートの基準を満たす。一方で規模や詳細度の観点から考えるとデータウェアハウスに分類することもできる。

データウェアハウスとは

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...