2020年08月06日 05時00分 公開
特集/連載

「DWH」(データウェアハウス)はなぜ生まれたのか? なぜ必要なのか?「DWH」を賢く選ぶ【前編】

「DWH」(データウェアハウス)はどのように生まれたのか。なぜDWHが必要なのか。歴史を振り返りながら、DWHの存在意義を探る。

[Chris Foot,TechTarget]

関連キーワード

データウェアハウス(DWH)


 「DWH」(データウェアハウス)は特別な目的に使用するデータ保管システムで、大量のデータの取り込み、保存、処理を容易にするよう設計されている。1990年代に初めてDWHを設計するきっかけとなったのは、本番運用システムのパフォーマンスを向上させるために、レポート処理を別のシステムにオフロードしたことだった。

 そのレポート処理システムが成熟するにつれ、ユーザー企業はこの新たなシステムを別の用途に利用できることに気付いた。このシステムを利用すれば、手が加えられていないデータそのものを実用的な洞察に変え、その洞察を業務担当者の適切な意思決定に使用できる。データを利用して効率を向上させる機会を、最前線の部門から経営陣に至るまで、あらゆるレベルの業務担当者に与えることができる。そして現在はその可能性が無限大に広がっている。

 現在、データを利用するのは、分析業務担当者から作業現場で働くロボットまで多岐にわたる。分析業務担当者は日常の業務活動の中でDWHのデータを活用し、作業現場のロボットは自身の動作を改善するためにDWHにアクセスする。

DWHがもたらす価値とは

 DWHは「ビジネスインテリジェンス」(BI)の価値を向上させる。データの質と一貫性を高め、データの意味についてエンドユーザーの理解を深めることができる。データ駆動型の文化を育み、履歴インテリジェンスと予測機能を促進するといった特性があるためだ。

 さまざまなDWHを評価するに当たっては、社内にどのような種類のデータがあるかを事前に理解しておくことが重要だ。DWHは、自社のニーズを満たす可能性のある選択肢の一つにすぎない。

 BIへの関心の高まりを受けて、さまざまなベンダーがDWHを提供している。競争の激しいこの市場では、DWHを提供する全てのベンダーが、新製品のリリースや既存製品の強化を加速させている。

 DWHベンダー各社は、自社製品のデータ統合、メタデータ管理、分析、データガバナンスの各機能を拡張する機能を頻繁にリリースしている。機械学習などの人工知能(AI)技術によって機能を強化するのが最近のトレンドだ。AI技術は、データの収集や準備、分析、業務上の洞察の共有について人の作業者を支援する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...