2019年05月10日 05時00分 公開
特集/連載

AWS、Microsoft、IBMも注力する「クラウドDWH」 ライバルHadoopに勝る勢いクラウドで復活する「DWH」【前編】

Hadoopの登場で守勢に立ったDWHが、クラウドに新たな活路を見いだしている。活性化の兆しを見せるDWH市場で、クラウドDWHが特に存在感を増している理由を探る。

[Jack Vaughan,TechTarget]
photo

 構造化していないデータを大量に抱え、データ分析について再考せざるを得ない企業は増えつつある。これに伴い、非構造化データを効率的に処理することが難しいデータウェアハウス(DWH)への不満が高まっていった。更に分散処理フレームワーク「Apache Hadoop」(Hadoop)が盛り上がりを見せたことで、一時期、DWHは守勢に立たされた。

 そのDWHに復活の兆しがある。時に、それはクラウドDWHの形式を取る。データマネジメントのコンサルティングを手掛けるMcKnight Consulting Groupで代表を務めるウィリアム・マクナイト氏も、DWHへの関心が再び高まっていると推測している。

 Hadoopの新たな競争相手は、クラウドDWHだ。

クラウドでよみがえるDWH

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...