AWS、Microsoft、IBMも注力する「クラウドDWH」 ライバルHadoopに勝る勢いクラウドで復活する「DWH」【前編】

Hadoopの登場で守勢に立ったDWHが、クラウドに新たな活路を見いだしている。活性化の兆しを見せるDWH市場で、クラウドDWHが特に存在感を増している理由を探る。

2019年05月10日 05時00分 公開
[Jack VaughanTechTarget]
photo

 構造化していないデータを大量に抱え、データ分析について再考せざるを得ない企業は増えつつある。これに伴い、非構造化データを効率的に処理することが難しいデータウェアハウス(DWH)への不満が高まっていった。更に分散処理フレームワーク「Apache Hadoop」(Hadoop)が盛り上がりを見せたことで、一時期、DWHは守勢に立たされた。

 そのDWHに復活の兆しがある。時に、それはクラウドDWHの形式を取る。データマネジメントのコンサルティングを手掛けるMcKnight Consulting Groupで代表を務めるウィリアム・マクナイト氏も、DWHへの関心が再び高まっていると推測している。

 Hadoopの新たな競争相手は、クラウドDWHだ。

クラウドでよみがえるDWH

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...