2019年05月10日 05時00分 公開
特集/連載

クラウドで復活する「DWH」【前編】AWS、Microsoft、IBMも注力する「クラウドDWH」 ライバルHadoopに勝る勢い

Hadoopの登場で守勢に立ったDWHが、クラウドに新たな活路を見いだしている。活性化の兆しを見せるDWH市場で、クラウドDWHが特に存在感を増している理由を探る。

[Jack Vaughan,TechTarget]
photo

 構造化していないデータを大量に抱え、データ分析について再考せざるを得ない企業は増えつつある。これに伴い、非構造化データを効率的に処理することが難しいデータウェアハウス(DWH)への不満が高まっていった。更に分散処理フレームワーク「Apache Hadoop」(Hadoop)が盛り上がりを見せたことで、一時期、DWHは守勢に立たされた。

 そのDWHに復活の兆しがある。時に、それはクラウドDWHの形式を取る。データマネジメントのコンサルティングを手掛けるMcKnight Consulting Groupで代表を務めるウィリアム・マクナイト氏も、DWHへの関心が再び高まっていると推測している。

 Hadoopの新たな競争相手は、クラウドDWHだ。

クラウドでよみがえるDWH

ITmedia マーケティング新着記事