2021年03月05日 08時00分 公開
特集/連載

世界で最も人気のデータベース「MySQL」ベースの分析サービス登場ハイパフォーマンス(Oracle談)

MySQLとMySQL Analytics Engineを統合し、単一プラットフォームでOLTPとOLAPのワークロードを実行できるサービスが登場した。DWHを使わずにデータの分析が可能になるという。

[Adrian Bridgwater,Computer Weekly]
iStock.com/Hanna Sova

 Oracleがやたらと長い名前の製品「Oracle MySQL Database Service with integrated MySQL Analytics Engine」(以下MySQL with Analytics Engine)の提供を開始した。同製品はデータサービスの基礎となるIaaS「Oracle Cloud Infrastructure」(OCI)に最適化されている。

 MySQL with Analytics EngineはOLTP(オンライントランザクション処理)とOLAP(オンライン分析処理)のワークロードに単一プラットフォームを提供する唯一のMySQLサービスだという。OracleがOLTPやOLAPを提供するのは、(Oracleによると)この方法がアプリケーションを迅速かつ安全に構築・実行するのに必要なデータ処理の組み合わせだからだ。

対抗は「Amazon Redshift」

 「MySQL Analytics Engine」は数千コアによるリアルタイム分析をサポートする新たなインメモリ分析アクセラレーターだ。Oracleによると、Amazon Web Services(AWS)のデータウェアハウス「Amazon Redshift」より少なくとも2倍高速で、「最大で66%安価になる」という。

 同社はStack Overflowの「2020 Developer Survey」を引用し、MySQLは地球上で最も人気の高いデータベースであり、全世界のソーシャルネットワーク、Eコマース企業、銀行、メーカー、ハイテク企業が使用していると説明する。

 MySQLはOLTPに使われるのが一般的だ。だがMySQLを運用する企業の大半はMySQLに格納したデータを分析する必要もある。その場合、従来はMySQLのデータをETL(抽出、変換、読み込み)処理して別の分析データベースに移動しなければならなかった。

 Oracleのエドワード・スクレベン氏(チーフコーポレートアーキテクト)は、MySQL with Analytics Engineは分析とOLTP向けの完全マネージドスケールアウトサービスで、MySQLのOLTPワークロードとOLAPワークロードをユーザーが直接実行できる唯一のサービスだと話す。

 「MySQLは開発者に最も人気があるデータベースで、さまざまな業界の企業が利用している。だが今日まで、分析を行うにはMySQLのデータを互換性のない別のデータウェアハウスに移動することを余儀なくされてきた。これにはコストがかかり、答えを得るのに時間を要する。MySQLエンジニアリングチームの最新のイノベーションにより、Oracleは単一の統合プラットフォームを開発者とデータベース管理者に提供する唯一のプロバイダーになった。この製品により、MySQLアプリケーションに一切変更を加えることなくパフォーマンスの高いリアルタイム分析を実行できるようになる。その結果、OCIがMySQLアプリケーションを実行する最適な場所になる」(スクレベン氏)

 開発者がこのサービスをスピンアップすると、MySQLのデータが分析エンジンのメモリ内に設定されるため、専用データベースへのETL処理は不要になる。さらにMySQL互換のツールやアプリケーション全てと連携し、クエリをMySQL Analytics Engineに自動的にルーティングする。

 「MySQL Analytics Engineは大規模なスケールとパフォーマンスを実現するため、分析クエリのパフォーマンスを400倍高速にする。MySQL Analytics Engineはインメモリのハイブリッドな列指向の処理、OCI向けに最適化されたノード間およびノード内の並列処理、分散クエリ処理アルゴリズムを提供すると同時に、時間がかかるETLタスクの負担をデータベース管理者から取り除く」とOracleはプレス発表に記している。

 Oracleはベンチマークコードを公開しているため、ユーザー自身でベンチマークを実行することもできる。

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

「6G」の特許出願レースは中国がリード、日本は追い付けるか?
2020年台後半には実用化が始まるといわれる6Gの技術。日本は世界で存在感を示せるでしょ...

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。