2015年05月27日 08時00分 公開
特集/連載

MySQL時代の終わり? MariaDB移行の理由は「拡張性と処理性能向上」MariaDB&Galera Cluster導入事例

チケット販売サイトがデータベースをMySQLからMariaDBにリプレース。高速性が評価されて普及したMySQLだが、処理性能を理由に他DBへの移行が行われる時代になったのか。

[Brian McKenna,Computer Weekly]
Computer Weekly

 スウェーデンのチケット販売WebサイトTransticketは、データベースをMySQLからMariaDBに移行して将来の業務拡大に備えている。

 Transticketの設立は2005年。スウェーデンのアイスホッケーリーグ(SHL)のチケット販売を一手に引き受けており、さらに他の種目のスポーツイベントや音楽コンサートのチケットも取り扱っている。

Computer Weekly日本語版 5月20日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 5月20日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。


 同社は2013年にMySQLから、システムの拡張性とトランザクションの処理性能を向上させた環境にリプレースすることを決断した。こう話すのは、同社のCTO(最高技術責任者)、ウルフ・ルンドグレン氏だ。

 同社は2013年にSHLのチケット販売元となる契約を獲得した際に、チケットを買った顧客が観戦時に体験することの全てを一括して提供しなければならないと考えた。「全てを一括する」とは、例えば観戦のために会場に集まった客が現地で軽食を取ったり衣類などのグッズを買ったりしたときの支払いをスマートフォンで済ませる仕組みを作る、ということも含まれる。

 「スウェーデンでは、ホッケーはとても人気がある。チケットはよく売れるが、それだけではなく、他のものも売ることを考えなければ」と、ルンドグレン氏は語る。

 そんなときにスウェーデン国内で同社が契約しているWebホストプロバイダーのOffice IT-Partnerが、フィンランド企業のSkySQL(訳注)が主導しているオープンソース製品、MariaDBへのリプレースを検討しないかと同社に勧めてきた。

訳注:提案当時の社名。現在の社名はMariaDB。

 「われわれは(検討の末に)まず、以前のMySQL 5.1(インスタンス)からMariaDB 5.5に移行した。現在はさらに、MariaDBのGalera ClusterとRemote Database Administratorも展開している。われわれは顧客のニーズに柔軟に応じられる体制を整えていると、今は自信を持っていえる。だから将来顧客から新しい要望が出されても、十分に対応できるだろう」(ルンドグレン氏)

データ移行時のシステム停止時間は60秒

 2013年秋、TransticketはSkySQLとの協業を始めた。

ITmedia マーケティング新着記事

news134.jpg

B2BサービスサイトにおけるCVの58%はトップページからの直行――WACUL調査
CV(コンバージョン)を目的としたWebサイトの改善に必要な施策とは何か。4つのデータに...

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...