2020年07月31日 08時00分 公開
特集/連載

企業の5G&Wi-Fi 6導入は意外に早い?積極的なネットワーク部門幹部

多くのネットワーク部門幹部は5GやWi-Fi 6によって自社にイノベーションがもたらされると考えているという。彼らは5GやWi-Fi 6をどのようなユースケースに適用しようとしているのだろうか。

[Joe O’Halloran,Computer Weekly]
iStock.com/sompong_tom

 Deloitte Tohmatsu Consulting(以下、Deloitte)の調査によると、5GやWi-Fi 6などの最新通信技術の可能性について驚くべきことが明らかになった。企業のネットワーク部門幹部の86%がワイヤレス技術によって3年以内に自社にイノベーションがもたらされると確信しており、79%は自社が属する業界もそうなると考えていたことだ。

 Deloitteが調査を行ったのは新型コロナウイルス感染症のパンデミック前だった。今回のパンデミックによってオンサイトの人員を減らし、場合によっては完全な仮想化環境での業務を維持するために、ユビキタスでセキュリティが確保された、高品質な接続のニーズが高くなった。より堅牢(けんろう)で強力なネットワークインフラの需要も加速する可能性があるという。

 Deloitteがこの調査を実施したのは2020年第1四半期初頭で、動機、課題、嗜好(しこう)を含め、5Gなどのワイヤレス技術を企業がどのように導入するかを見定めるためだ。調査の対象となったのは、米国企業のネットワーク部門幹部415人だ。

 この調査で、ワイヤレス技術によって自社や自社が属する業界が今後3年以内に何らかの形で変わると多くの幹部が考えていることが分かった。5GとWi-Fi 6の利用は今後3年で2倍以上になり、4G/LTEやWi-Fi 5以前の技術はなくならないとしても減少すると予測していることも分かった。そのため5GやWi-Fi 6といった高度ワイヤレス技術は戦略上重要になっている。

 調査では、高度ワイヤレス技術の導入が戦略上必須と見なされていることが明らかになった。回答者の76%は5Gが3年以内に自社にとって重要なネットワーク技術になると考えている。70%はWi-Fi 6に関しても同様に感じている。回答者の5分の3以上が2021年のうちに両技術の導入を計画しており、93%が今後3年以内の導入を計画していた。

 回答者は、多くの帯域幅を必要とするニーズや時間が重要になるニーズには、高度ワイヤレス技術によるパフォーマンスの向上が魅力になると考えている。

 高度ワイヤレス技術のメリットトップ3は




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
ください(PDFをダウンロードします)。






ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...