2018年12月12日 08時00分 公開
特集/連載

信者が語るChromebookの魅力(前編)Chromebookの業務利用を真剣に考える

Chromebookにほれ込んだ筆者が、Chromebookの業務利用をとことん追求して何ができて何ができないかを明らかにする。前編ではChromebookが直面する現実とG Suiteのコラボレーションの概要を紹介する。

[Tim Anderson,Computer Weekly]

 その徹底した生産性への取り組みにおいて、「Chromebook」は「Windows」PCや「Mac」の比ではない。Chromebookに魅力を感じる理由の1つは、「Microsoft Office」の代わりにGoogleの「G Suite」を採用していることだ。

Computer Weekly日本語版 12月5日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 12月5日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 ただ、ビジネス用途で最も多く使われているのはMicrosoft Officeであり、それ以外の製品を使おうとすると摩擦が生じるのは避けられない。

 Microsoftが打ち出しているクラウド戦略により、今やほぼ全ての機器でMicrosoft Officeが使えるようになった。こうした中で、ChromebookはMicrosoftプラットフォームを使用している企業にとっても有益なのだろうか。

ファイル共有に関する摩擦

 ビジネスの現場では、ファイル共有や印刷などに関連する摩擦が生じることがある。ファイル共有は「Googleドライブ」や「Microsoft OneDrive」などのオンラインストレージで非常に簡単に行える。だがネットワーク共有フォルダはそれほど容易でない。「Network File Share for Chrome OS」(オープンソースソフトウェアの「Samba」クライアントがベース)を使えば、WindowsのSMB共有フォルダをマウントできる。ただ、このアプリは操作性が良くない上にブラウズ機能がない。

 印刷には「Googleクラウドプリント」を用いるが、それにはGoogleクラウドプリントサービス対応のプリンタが必要だ。

 Windowsネットワークでの作業を格段に容易にするアプリの一つが、Androidアプリの「Microsoft Remote Desktop」だ。このアプリはChromebookでも適切に動作する。このようにChromebookのAndroidアプリサポートを活用すれば、柔軟性がさらに高まる。例えば「Office 365」ユーザーと共同作業をするならAndroidアプリの「Microsoft Teams」を使えばよい。

G Suiteの共同作業

 G Suiteは共同作業に常に優れた働きを見せる。Googleは「Googleドキュメント」を「チーム向けのワードプロセッサ」と説明している。同アプリは社内外のユーザーとのドキュメント共有が簡単で、核となる機能はリアルタイムの共同編集だ。他のユーザーの編集をリアルタイムに確認し、コメントを追加して、作業中にチャットで連絡を取り合うことができる。

 Googleドキュメントや「Googleスプレッドシート」「Googleスライド」にはバージョン履歴機能や変更追跡機能が備わり、バージョン履歴の表示、バージョンの分りやすい命名、変更を加えたユーザーの確認が可能だ。

 「Hangouts Chat」は仮想ルームやスレッド式のチャットを提供する。

続きはComputer Weekly日本語版 12月5日号にて

本記事は抄訳版です。全文は、以下でダウンロード(無料)できます。


Computer Weekly日本語版 最近のバックナンバー

Computer Weekly日本語版 11月21日号 G Suite対Office 365攻防戦の行方

Computer Weekly日本語版 11月7日号 意外な所に潜む コンプライアンス違反

Computer Weekly日本語版 10月17日号 S/4HANAへの移行は苦難の道のり


ITmedia マーケティング新着記事

news123.jpg

デジタル広告のフリークエンシー(表示回数)最適化、「何回見せるのが最も効果的か」が分かる
電通デジタルが、デジタル広告の最適なフリークエンシー(表示回数)を導き出すフレーム...

news026.jpg

債権回収にマーケティングオートメーション活用、イオングループ傘下のサービサーの取り組み
債権回収の場においても、チャネル横断やコミュニケーション最適化の視点はやはり重要だ...