2019年07月03日 08時00分 公開
特集/連載

エグゼクティブインタビューGoogleに聞く「Anthos」とは何か、何を目指しているのか

GoogleはAnthosで何を目指しているのか。Googleの技術インフラ担当シニアバイスプレジデント、ヘルツル氏に話を聞いた。

[Aaron Tan,Computer Weekly]

 クラウド向けLinuxと称されるGoogleのマルチクラウド管理プラットフォーム「Anthos」は、企業のアプリケーション管理を容易にする。管理対象のアプリケーションは、別のパブリッククラウドサービスで運用されていても、オンプレミスで運用されていても構わない。

Computer Weekly日本語版 6月19日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 6月19日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 Anthosは「Google Cloud Next' 19」(2019年4月)で発表された。以前「Cloud Services Platform」と呼ばれていたAnthosは、「Istio」や「Kubernetes」などのオープンソース技術をマネージドクラウドテクノロジースタックに持ち込む。

 英Computer WeeklyはGoogleで技術インフラ担当シニアバイスプレジデントを務めるウルス・ヘルツル氏に独占インタビューを行い、Anthosを支える原理、Linuxとの類似点、そしてクラウドの未来について話を聞いた。

Anthosとクラウドインフラスタックについての考え方を教えてください。

ウルス・ヘルツル氏(以下、ヘルツル氏):当社は、Anthosをソフトウェアスタックが進化したものと見ている。

 物事が根本的に変わったのは、Linux、Windows Server、Java、イーサネット、World Wide Webが登場した1990年代半ばだった。こうしたものが一体となり、新たな方法でITを後押しした。

 当時、2つのスタックが登場した。一つがLAMPスタック、もう一つがWindows Serverを中心とするスタックだ。こうしたスタックは単一ノードに重点を置く。これに対して、クラウドはそこに含まれるサービスを管理するシステムの海のようなものだ。

 現状では、クラウド向けの共通スタックはない。「Amazon Web Services」も「Google Cloud Platform」もスタックではない。コンテナを起動するという単純なことが、それぞれ異なっているというのはばかげている。そのため、当社はオープンソースを通じた標準化を呼び掛けている。その試みがKubernetesだ。

 Anthosの背後にあるソフトウェアエコシステムは非常に規模が大きい。サービス管理、サービス検出、セキュリティなど、20〜30の異なることが行われている。これらの大半は以前から行われていることだ。だがその方法は多岐にわたっていた。Anthosでは基盤となる環境に接続するさまざまなアダプターを使用して、オープンソースでそれを実行する方法を用意した。ユーザーは、例えばサービスを構成する方法を1つ覚えるだけになる。

 私は、Anthosをクラウド向けのLinuxとよく比較する。AnthosはOSではないが、Linuxと同じ特性がある。Linuxの管理下で何を実行するかは自由だ。オープンで、品質が高く、どこでも実行できる。そうした点では、Anthosを選ぶこととLinuxを選ぶことは似ているというのが当社の提案だ。Anthosはクラウドスタックと称されるスタックの中で、史上初の真のクラウドスタックになる。Linuxの拡張とKubernetesがスタックで、全てのオープンソースシステムが適切にフィットする。

 同時に、Windowsを中心に別のクラウドスタックが出現することも予想している。世の中のどこかには、組み込まれなければならないWindowsワークロードが非常にたくさんあるためだ。そうしたワークロードは恐らく、コンテナ化したWindowsを通じてAnthosに組み込まれることになるだろう。そこではGoogleが提供するセキュリティとコンプライアンスを軸にアプリケーションが実行される。

Red Hatが「OpenShift」と「OpenStack」で行っていることと、Anthosはどのように違いますか。

ヘルツル氏:当社がAnthosで行っていることとRed Hatが行っていることは10%しか重複しない。その大半がコンテナ管理に関係する。われわれは自然なパートナーシップを築いており、Anthosはその基盤にOpenStackまたはVMware製品を必要とする。Anthosには、ベアメタルを仮想マシン(VM)とコンテナを実行できるクラスタに変えるものが必要だ。

 また、当社が提供する機能のうちオープンソースに基づくものは70%で、それらはOpenStack上で運用できる。VMwareにも同じことが言える。アプリケーションをコンテナ化することなく使えるVMを、Anthosに置き換えようとしているわけではない。

 当社はパートナーと友好関係を築いており、Anthosはパートナーの業務と競合しない。例えばOpenShiftはプラットフォーム上にあるものを自動更新することはないが、当社にはないアプリケーションを備えている。

 当社が保証することの一つにシステム間の移植性がある。似ているように見えるが、その理由は単にオープンソースが本質的に移植可能なためだ。

Google Cloud Next' 19のデモで、「Anthos Migrate」を使ってレガシーアプリケーションをクラウドに移行できることを実演しました。これはリフト&シフトの移行戦略に対処しているように思えます。これらのアプリケーションをクラウド用に分解して再構築したいと考えている企業はどうすればよいでしょうか。

ヘルツル氏:全てを実演する時間がなかったが、単なるリフト&シフトではない。

続きはComputer Weekly日本語版 6月19日号にて

本記事は抄訳版です。全文は、以下でダウンロード(無料)できます。


Computer Weekly日本語版 最近のバックナンバー

Computer Weekly日本語版 6月5日号 GPUだけじゃないAI用プロセッサ

Computer Weekly日本語版 5月22日号 5Gの最初の5年に起こること

Computer Weekly日本語版 5月8日号 セキュリティ演習でレベルアップ


ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

10連休は売り上げにどう影響した? カタリナマーケティングジャパンがゴールデンウイークの店舗購買動向を調査
初の10連休となった2019年のゴールデンウイークにおける購買行動傾向を実購買データから...

news013.jpg

デジタルマーケティングとコンタクトセンターの融合、UTグループとエス・エム・エスの担当者が語る
コンタクトセンターはデジタルマーケティングのプロセスとどう連携すべきか。UTグループ...

news047.jpg

ブレインパッドが拡張分析ツール「BrainPad VizTact」を発売
機械学習で人の気付きを拡張し、自然言語処理で分析結果を人の主観に左右されないものに。