2020年05月28日 08時00分 公開
特集/連載

新入社員が直面する「残念なエクスペリエンス」をRPAで解決人事部門のRPA活用事例集【前編】

RPAによる人事プロセスの自動化はさまざまなメリットをもたらす。3つの成功事例がRPA導入のヒントを提供してくれる。

[SA Mathieson,Computer Weekly]
iStock.com/fizkes

 RPA(ロボティックプロセスオートメーション)は人員削減に利用することもできる。だがノルウェーで美容院を展開するCuttersにとって、それは好みのスタイルではなかった。

 2015年12月にベルゲンで1号店を開業したCuttersは、2019年末までに5カ国で92店舗を展開するようになった。同店は15分のヘアカットを、ノルウェーの通常料金の約半額に当たる299ノルウェークローネ(約3000円)という固定料金で提供する。そのため間接費を切り詰めており、同社500人のスタッフで美容師以外の従業員は25人しかいない。

 Cuttersは当初、シフトを組む管理職を各サロンに配置していた。「最初の30店まではそれでよかった」と最高デジタル責任者のバード・ストローム氏は振り返る。だが中央で一元化した方がうまくいくと判断し、「RPAを使えばキャパシティーを拡充できると考えた」という。

 同社は既に、データを使って支店ごとに最適な人員数を予測していた。だがスケジュールの作成はスプレッドシートを使って手作業で行っていた。2019年3月にUiPathのRPAを導入したことで、このスケジュール管理のための予測が可能になった。

 「導入すると直ちにインパクトがあった。時間も節約したが、それは大して重要ではない。それよりも、精度が向上したおかげでヘアカットの回数(1日当たりや週当たり)、待ち時間の短縮についてより良い成果を出すことができ、従業員の満足度が高まったことだ」とストローム氏は言う。

 Cuttersの美容師は客の数に応じて報酬が上乗せされる。つまり美容師は忙しくしていることに関心が高い。

 ソフトウェアサプライヤーは、ロボットである“エドワード”のような「従業員」を差別しないことを徹底させなければならないとストローム氏は言う。エドワードは、映画『シザーハンズ』(原題『Edward Scissorhands』)にちなんでCuttersがRPAに付けた名称だ。「『ロボット』は役職であって、ほとんど人と同じように作業しているということをベンダーに認識してもらう必要がある」と同氏は述た。

 CuttersはRPAの利用を他の分野に広げているが、人事の分野で自動化に着手しているのは同社にとどまらない。ネット通販業者向けのサービスを手掛け、2019年に従業員数が3倍になったFeedonomicsのような急成長中の企業にとっても人事の効率化は不可欠だ。

 FeedonomicsのCEOブライアン・ローゼン氏によると、同社はかつて新入社員に4〜5枚の書類をPDFで送付して署名させていた。「自宅にプリンタがない人は図書館で印刷して署名し、それをスキャン&PDF化してアップロードしなければならなかった」と同氏は振り返る。「これは全てが煩わしく、誰も楽しくないのにやらなければならない作業だった。しかもそれは、新入社員にとって入社後の初めてのエクスペリエンスだった」




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
ください(PDFをダウンロードします)。






ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...