2018年11月25日 05時00分 公開
特集/連載

完璧を求めるのは後でGoogle 元CEOのシュミット氏が語る「1位総取り」時代のビジネス処方箋

GoogleでCEOを務めたエリック・シュミット氏がマサチューセッツ工科大学(MIT)で開かれたイベントで語った「市場では1番になることの意味」とは。

[Andy Metzger,TechTarget]

関連キーワード

Google | 機械学習


画像 不完全でもスピードを重視すべき?

 ビジネス環境においてシステムなど開発のスピードは上がっており、最終仕上げにかける時間はほとんどなく、製品を早く市場に出すことを優先しなければならない――。Googleの会長兼CEOだったエリック・シュミット氏は、マサチューセッツ工科大学(MIT)で11月8日に開催した講演で語った。

 シュミット氏は言う。「今や世界の競争は非常に激しくなった。製品を『完成させる』時間は十分あると考えれば、その時点で敗北する。起業しようとする人にはこう言っている。同じような会社を同じタイミングで始めた相手のことを考え、どうすればその相手に勝てるかを考えなければならない」

 シュミット氏は「AI and the Future of Work」と題したカンファレンスで、聴衆の投資家や起業家、教育者を前に約30分の講演を実施し、自身のキャリアを通じて学んだ知恵を授けた。

べき乗則分布

 競争相手より優位に立つことは、デジタル市場において最重要課題となる。この分野の市場リーダーの利益は、後を追う競争相手に比べて何倍も大きくなる傾向がある。デジタル経済に関する「MITイニシアチブ」のディレクターで、MITスローン経営校教授のエリック・ブリンジョルフソン氏によると、実際にIT分野では1番になることの意味が極めて大きいという。

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

社名に「令和」を含む企業は全国で何社ある?――東京商工リサーチ調べ
即位礼正殿の儀を前に新設法人334社、社名変更で97社の「令和」企業が生まれています。

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...