デジタルビジネスに必要な5つの観点とは ガートナー幹部が提言NEWS

Gartnerのリサーチ部門最高責任者であるピーター・ソンダーガード氏が世界のデジタルビジネスの動向について語った。デジタルビジネスの推進に必要な5つの観点と、これからの展望とは。

2018年06月13日 17時00分 公開
[上田 奈々絵TechTargetジャパン]

関連キーワード

ビジネスモデル | IT戦略 | 経営


ガートナー ピーター・ソンダーガード氏

 Gartnerのエグゼクティブ・バイスプレジデントで、グローバル・リサーチ&アドバイザリ部門最高責任者のピーター・ソンダーガード氏が2018年6月5日、報道機関向け説明会で世界のデジタルビジネスの動向と、企業がデジタルビジネスを推進する上での課題について語った。同社はデジタルビジネスを「センサーやクラウドを通じてシステム、人、モノの要素を相互につなげ、収益と効率性を高める新しいビジネス設計」だと定義している。

 ソンダーガード氏は、デジタルビジネスを推進する企業が直面している課題として、従来プロジェクト単位だったデジタルビジネスを、企業全体で展開することを挙げる。企業が一貫したデジタルビジネスを実現するには、デジタルビジネスの具体的な目的と、実現に向けたロードマップをはっきり描く必要があると同氏は説明する。ロードマップを描くには、以下の5つの観点がポイントになるという。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...