2018年06月13日 17時00分 公開
特集/連載

デジタルビジネスに必要な5つの観点とは ガートナー幹部が提言NEWS

Gartnerのリサーチ部門最高責任者であるピーター・ソンダーガード氏が世界のデジタルビジネスの動向について語った。デジタルビジネスの推進に必要な5つの観点と、これからの展望とは。

[上田 奈々絵,TechTargetジャパン]

関連キーワード

ビジネスモデル | IT戦略 | 経営


ガートナー ピーター・ソンダーガード氏

 Gartnerのエグゼクティブ・バイスプレジデントで、グローバル・リサーチ&アドバイザリ部門最高責任者のピーター・ソンダーガード氏が2018年6月5日、報道機関向け説明会で世界のデジタルビジネスの動向と、企業がデジタルビジネスを推進する上での課題について語った。同社はデジタルビジネスを「センサーやクラウドを通じてシステム、人、モノの要素を相互につなげ、収益と効率性を高める新しいビジネス設計」だと定義している。

 ソンダーガード氏は、デジタルビジネスを推進する企業が直面している課題として、従来プロジェクト単位だったデジタルビジネスを、企業全体で展開することを挙げる。企業が一貫したデジタルビジネスを実現するには、デジタルビジネスの具体的な目的と、実現に向けたロードマップをはっきり描く必要があると同氏は説明する。ロードマップを描くには、以下の5つの観点がポイントになるという。

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。