2017年06月22日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ストレージの利用法が激変3D XPointが根底から変えるハードウェアアーキテクチャ

次世代の不揮発性メモリの出現が、ハードウェアアーキテクチャを根底から変えるという。データベースの書き換え処理はどう変わるのか。

[Antony Adshead,Computer Weekly]
Computer Weekly

 高速なソリッドステートストレージ技術が近い将来、新たに実用化されそうだ。これが世に出れば、ハードウェアアーキテクチャに変化がもたらされる。この技術の効果をフルに引き出すには、ソフトウェアの書き換えが必要になるだろう。

Computer Weekly日本語版 6月21日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 6月21日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 IntelとMicronの「3D XPoint」やHPEの「メモリスター」(memristor)といった技術は、現世代のNANDフラッシュより1000倍速い。これらがキャッシュメモリとして採用される日は遠くない。言い換えると、アプリケーションが使うデータは、現在はバックエンドにあるストレージにあるが、ゆくゆくはメインメモリとフラッシュストレージの間に配置されたキャッシュで書き換え処理できるようになる。しかもバイト単位でアクセス先を指定できる。

 NetAppのCTO(最高技術責任者)であるアレックス・マクドナルド氏のオフィスと、ストレージの業界団体であるStorage Networking Industry Association(SNIA)のSSDイニシアチブの議長団が連名で、こんな見解を公表した。

 「ただし、それまでにオリンピックを2回は経験するだろう。従って、製品が発売されるのは7〜8年先だ」

 「これはDRAMよりも1000倍遅いがフラッシュより1000倍速い『不揮発性メモリ』だ。同様にHDDより1000倍速い」

 マクドナルド氏によると、現在発売されているフラッシュの中には、従来のHDDに似せたフォームファクタのモデルがある。そうしたモデルは、ストレージを移動させる際にSCSIソフトウェアスタックを経由する必要がある。これは今後登場する不揮発性メモリテクノロジーには不適切だ。

 「せっかくSSDと(それに対応する)ソフトウェアスタックを配置しても、SCSIを経由する通信に数マイクロ秒の演算時間を取られてしまう」と同氏は続ける。「ソフトウェアスタックがレイテンシの半分を占めるのであればそれを低減させる必要があるが、SSD技術はその問題解決には役立たない」

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...