2021年08月30日 08時00分 公開
特集/連載

組織の対ランサムウェア体制を評価・可視化する無償ツール公開米国政府機関公式

米国サイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁が、ランサムウェアに対してどの程度の防御力と回復力を備えているかを評価するデスクトップツール「RRA」を公開した。

[Alex Scroxton,Computer Weekly]
iStock.com/peshkov

 米国のCybersecurity and Infrastructure Security Agency(CISA:サイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁)は、「Cyber Security Evaluation Tool」(CSET:サイバーセキュリティ評価ツール)にランサムウェアに対する準備状態を評価するデスクトップツール「Ransomware Readiness Assessment」(RRA:ランサムウェア準備アセスメント)を追加した。

 RRAは「階層型のプラクティス」を基盤とする自己評価ツールで、ランサムウェアに対してどの程度の防御力と回復力を備えているかを評価する。

 特に、ランサムウェアに関する自組織の姿勢を認識済みの標準とベストプラクティスに照らして「体系的で統制された再現可能な」手法で評価するのに役立つ。また、資産の所有者と運用担当者に指針を提供する。このツールには、分析の結果をグラフや表で表示する分析ダッシュボードも用意されている。

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。

news162.jpg

テレビと広告とTwitterと人間の脳の関係について、いま分かっていること(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news029.jpg

P&Gが「ショッパー」のニーズを満たすために全社横断でやっていること
「LINE BIZ DAY BREAKOUT BRAND&DIRECT」で発表された事例の中から、P&Gが実施したデジタ...