2020年11月25日 08時00分 公開
特集/連載

RAIDの課題とイレージャーコーディングの登場イレージャーコーディングの正しい使い方【前編】

HDDの大容量化によって欠点が露呈したRAIDに代わって注目されたのがイレージャーコーディングだ。多くの面でメリットがある技術だが欠点もある。イレージャーコーディングはどう使うのが正解なのか。

[Stephen Pritchard,Computer Weekly]

 RAIDはデータ保護の基本だ。だが、RAIDが生まれたのはSANやNASといったハードウェアアレイ製品の時代だ。現在はクラウドやオブジェクトストレージなどの技術が優勢の時代であり、主な保護手段はRAIDではなくイレージャーコーディングに移ってきた。

 イレージャーコーディングでは、RAIDに伴う再構築時間の短縮が見込まれる。では、イレージャーコーディングがRAIDに取って代わる可能性はあるのだろうか。本稿ではイレージャーコーディングの長所と短所を確認する。

RAIDの概要

 RAIDは複数のドライブを仮想化し、1つの論理ドライブを形成する。1つ以上のドライブに障害が発生した場合は、そのドライブを交換してアレイを再構築することでデータを回復できる。これにより、堅牢(けんろう)なデータ保護が比較的低コストで実現する。

 だが、データ量の増加とクラウドやオブジェクトストレージなどの進化が従来のRAID技術にプレッシャーを与えている。

 大きなRAIDボリュームの回復は時間がかかり過ぎ、実用的ではない可能性がある。業界の専門家によると、8TBを超えるボリュームの再構築は受け入れられないほど遅くなるという。

 従来のRAIDバックアップでは、ハイパースケールやハイパーコンバージドの分散型ストレージを完全には処理できない。分散ストレージを利用するのは、物理的に分かれた場所にある複数のアレイにまたがってデータを保持するクラウドプロバイダーなどのオブジェクトストレージサプライヤーだ。さらにRAIDコントローラーが複雑さを増加させる。

イレージャーコーディング入門

 巨大なデータセットやオブジェクトストレージ、ソフトウェア定義ストレージなどの応用事例での答えとなるのがイレージャーコーディングだ。

 イレージャーコーディングはパリティーに基づく。つまりデータをフラグメントに分割してエンコードする。そのため保存場所を問わない。この特徴はクラウドストレージに適している。使用するストレージ容量もRAIDよりも少なく、ストレージシステムの2カ所以上に障害が生じてもデータを回復できる。

 イレージャーコーディングは前方誤り訂正を使う。この技術はGSMなどの無線伝送にも使われている。イレージャーコーディングは、MP3ファイルや音楽CDの作成に使われている非可逆圧縮形式であるという見方もある。これは、データの一部を16個のパーツに分割した場合、10個のパーツだけで元のデータを復元できるというものだ。

 これにより、イレージャーコーディングはRAIDよりも経済的になる。Freeform Dynamicsでアナリストを務めるブライアン・ベッツ氏の指摘によると、最もシンプルな形式のイレージャーコーディングは、各データに「ハーフコード」を使用するという。従って、ストレージの追加要件は50%になる。

 データの各部はどこにあっても構わないため、システムの堅牢性が大きく向上する可能性がある。イレージャーコーディングによって保護されるストレージボリュームは、RAIDによって保護されるストレージボリュームよりもハードウェア障害のリスクが大幅に少なくなる。

 ストレージシステムのセットアップ方法によっては、復旧時間も短縮される。イレージャーコーディングを使うシステムは、実際には再構築の必要がない。データを再構築するのに十分な数のシンボルがあれば、障害が起きてもユーザーは気付かない可能性がある。新しいドライブへのパリティーの再構築をバックグラウンドで行うことも可能だ。

後編(Computer Weekly日本語版 12月2日号掲載予定)では、イレージャーコーディングでは対処不可能なケースと効果的な用途を解説する。

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...