2018年03月14日 08時00分 公開
特集/連載

Computer Weekly製品導入ガイド開発者にとって「クラウドネイティブ」が意味すること

クラウドネイティブアプリを構築する場合、開発者は演算処理とストレージと分析がどこで行われるかを本質的に理解してコーディングをしなければならない。

[Adrian Bridgwater,Computer Weekly]

 アプリケーション開発者の世界では考え方の飛躍が起きている。サービスベースのクラウドモデルを採用する必要性に突き動かされ、今、開発者が向かう世界ではクラウドファーストとアプリケーション実行パラダイムを実証する必要性が増している。クラウドネイティブ時代の到来だ。

Computer Weekly製品導入ガイド無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly製品導入ガイド」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。


 だがある意味で、ソフトウェアの世界は同じような経験を経てきた。10年ほど前、プログラマーは、自分たちのアプリケーションがモバイルファーストでなければならないことをいや応なく認識させられた。Appleの革新がもたらした新世代のスマートフォンとタブレットに対応するためだ。

 ある意味で、クラウドネイティブアプリケーションへのシフトはこれと似ている。開発者は自らクラウドファーストを宣言しなければならない。演算処理とストレージと分析が行われる場所を本質的に理解してコーディングしなければならない。ほとんどの場合、その場所とはオンプレミスではなく、パブリッククラウドでホスティングされた仮想サーバでさえない。

 それよりも開発者は、マイクロサービスやコンテナ化といった概念に基づく、区分化されたアプリケーションコンポーネントの完全な新しいスタックに慣れなければならない。

精神的・プログラミング的抽象化

 顧客アイデンティティー、検索、クラウドサービスに関するコンサルティング企業Amidoの技術ディレクター、クリス・グレイ氏は、クラウドネイティブとはサーバレスのことだと解説する。

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

新型コロナウイルス感染拡大に関する不安 「経済への打撃」が「多くの死者が出ること」を上回る
McCann Worldgroupが世界14カ国で実施した意識調査の結果、政府の対応体制が「整っている...

news145.jpg

「70歳までの就労意識」をテーマとした調査を実施――富国生命調査
長期的に働く上でのリスクトップ3は「病気」「就業不能状態」「入院」。