2019年02月06日 08時00分 公開
特集/連載

x86やクラウドよりもLinuxメインフレームを選ぶべき理由イメージほど高価ではない

時代遅れで高価で管理が難しいというイメージが定着しているメインフレームの価値を問い直す。大規模かつミッションクリティカルなシステムを運用するなら、コスト効率の高い選択肢の一つとなる。

[Tony Lock,Computer Weekly]

 大規模なLinuxサーバ環境を構築する方法は幾つかある。x86システムとパブリッククラウドを利用する方法が代表的だ。だが選択肢は他にもある。そう感じたのは、IBMで「LinuxONE」製品マーケティング部門のプログラムディレクターを務めるアダム・ジョランズ氏と情報交換したときだ。LinuxONEはIBMがメインフレームで構築したソリューションだ。このソリューションが重視しているのは、Linuxのワークロードを運用することにある。

 情報交換での話題は、LinuxONEを使ってミッションクリティカルなオープンソースソリューションを運用している企業が、サービスを中断することなく、等しく重要なセキュリティを確保している方法だった。同氏の顧客が運用している代表的なワークロードには、核となる銀行サービスなどがある。こうしたサービスは回復力の高さが不可欠だ。それは単なる希望ではない。通信事業者やサービスプロバイダーにも回復力の高さが求められる同様のソリューションがある。こうしたサービスは、仮想マシンを数百から場合によっては数千まで、コスト効率良くリスクを伴わずに拡張しなければならない。

 ミッションクリティカルなワークロードの特性は、明らかに昔ながらのメインフレームの特徴を思い起こさせる。ITの回復性と可用性の点で、メインフレームは実物を知らない人々を含め、多くの人から代表的存在と認められている。IBMにとっても世間にとっても残念なことだが、メインフレームは時代遅れで高価で管理が難しいという考えが広まっている。だが、そうした考えは既にかなり前から事実ではなくなっている。特に、LinuxONEには全く当てはまらない。

Linux管理者によるメインフレームの管理




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...