2019年02月05日 08時00分 公開
特集/連載

君は「Chrome Enterprise」という選択肢を知っているかGoogleのメッセージは届いていない

企業デスクトップの選択肢の一つとして「Chrome Enterprise」がある。だが、Googleは顧客にメッセージを十分に伝えきれていないようだ。

[Richard Edwards,Computer Weekly]

 変化を続けるデジタルワークスペースの展望について、数人の同僚と話していたときのことだ。Googleの「Chrome Enterprise」についてどう考えるかと尋ねたところ、同僚はポカンとした表情で見つめ返すだけだった。見慣れた反応だ。Googleは顧客にメッセージを十分に伝えきれていないのだろう。そんな同社へのアドバイスを考えてみたい。

Computer Weekly日本語版 1月23日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 1月23日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 Chrome EnterpriseはOS(Chrome OS)であり、ブラウザ(Chrome)でもあり、端末(Chromebook)でもある。もちろん「クラウド」の要素も多数あり、「G Suite」などのツールはよく知られている。Microsoftが「Windows 10」のアップグレードと移行の強制という荒れ狂う波で苦戦する中、GoogleはデスクトップPCの代替案を提示している。

Chrome OS:最適なシンクライアント

 筆者は以前、Chrome OSがWindowsに取って代わる可能性が本当にあるのかどうかを検証する記事を執筆した。その中で、Chrome OSを既存のPC群に素早く簡単に加えたいのであれば(Googleが投資している企業である)Neverwareの「CloudReady」という選択肢があることを紹介した(訳注)。だが実は、非常に魅力を感じているのはChrome OSとデスクトップ/アプリケーションの仮想化ソリューションの組み合わせだ。

訳注:Edwards氏が執筆した記事ではないが、Computer Weekly日本語版 2018年5月9日号でCloudReadyを紹介している。

 Chrome OS端末(Chromebook、Chromebox、Chromebase、CloudReadyをインストールしたPC)は、シンクライアントと考えることによって広範囲にメリットを提供する。これらの端末は比較的主流であり、手頃な価格で扱いやすく、自己メンテナンス機能がある上に有能だ。全てのユースケースに適するわけではないが、Windows PCとゼロクライアントの中間に位置する端末として非常に適している。

 Chrome Enterpriseは「Citrix Workspace」などのパートナー製品と併用することでその能力が最大限に発揮される。Chrome用のCitrix Workspaceアプリケーション(旧称「Citrix Receiver」)を使用すれば、IT部門がSaaSとWebのアプリケーション、仮想化されたWindowsアプリケーション、ファイル、さらには必要に応じて従来のデスクトップ環境に素早くアクセスできる。

企業におけるChrome Enterpriseの存在意義

続きはComputer Weekly日本語版 1月23日号にて

本記事は抄訳版です。全文は、以下でダウンロード(無料)できます。


Computer Weekly日本語版 最近のバックナンバー

Computer Weekly日本語版 1月9日号 ディープラーニングツール総まとめ

Computer Weekly日本語版 12月19日号 犯罪者フォーラム潜入記

Computer Weekly日本語版 12月5日号 Chromebook大好き


ITmedia マーケティング新着記事

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。

news045.jpg

「ファッションテック」から「3密回避」まで データによる価値創造と課題解決の考え方
気象データを活用してファッションコーデを提案するサービスをデジタルエージェンシーの...

news153.jpg

脳波計測で判明 Twitterを使いながら番組を見る人は満足度が高い――Twitter Japan調査
脳波を活用した感性把握技術を活用して「テレビとTwitter」の関係について分析しています。