2018年03月09日 08時00分 公開
特集/連載

アプリのクラウドネイティブ化とは何かComputer Weekly製品導入ガイド

クラウドネイティブアプリケーションは、組織のニーズに合わせたより動的なサポートを実現する。では、クラウドネイティブとは何だろうか。

[Clive Longbottom,Computer Weekly]

 CRMやERPは、組織が必要とする特定の作業を行うために開発されたエンタープライズアプリケーションだ。

 問題は、そうしたアプリケーションが肥大化して環境の「保有と支配」を確立しようとする中で、機動力を高めていこうとする企業にそぐわなくなった点にある。

 世界は今、動的な複合アプリケーションに目を向け始めている。全てをこなす単一のアプリケーションを追い求めるのではなく、リアルタイムで組み合わせて、特定の期間にビジネスプロセスを支援できる機能スタブを構築する方法が求められるようになった。

インテリジェントなFAQシステム

 一例として、見込み客が顧客となって商品を注文し、代金を払うまでの単純な手段を見てみよう。これを支える多数の技術がサードパーティーサービスを通じて十分に提供されている。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。